国際交流最前線 記事一覧 平成20(2008)年度

過去の記事

持続可能な社会のためのNGO/NPOグループ招へい事業 Part1Part2Part3 2008年11月30日から12月11日まで、環境教育に実績のあるNGO/NPO団体の若手職員を招へいし、視察・ワークショップ等を通じて関係者のネットワーク形成を推進する事業が行われました。(2009年1月27日掲載)
2008国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ 国際シンポジウム 2008年7月に沖縄市で開催された「2008国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ (キジムナーフェスタ) 」のもようをお伝えします。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)芸術交流部 大島幸 (2008年10月24日掲載)
出雲とベツレヘム―音楽のかけはし  Part1Part2Part3 神々の集まる出雲とキリストの生誕地ベツレヘム、この2つの地域に音楽のかけはしがかかりました。出雲とベツレヘムに住む音楽家同士の交流の記録です。
元・国際交流基金(ジャパンファウンデーション)文化事業部文化企画課 大川靜 (2008年10月22日掲載)
文化を生かしたまちづくり~創造都市の可能性~ 2008年7月~8月に行なったJENESYSプログラム「文化を生かしたまちづくり~創造都市の可能性~」のもようをお伝えします。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)日本研究・知的交流部 町田春子 (2008年9月9日掲載)
私もJFSCメンバーです 寺田則子さん JFSC会員で、中国、北京で日本語教師をされている寺田則子さんに日本語教師の仕事について伺いました。 (2008年9月3日掲載)
オリンピックに沸く北京 北京在住のJFサポーターズクラブ会員である寺田則子さんより、オリンピックに盛り上がる中国・北京のもようをレポートしていただきました。
JFサポーターズクラブ会員 寺田則子 (2008年8月26日掲載)
アチェの子どもたちの作文 ワークショップから1年、アチェ子ども会議を前にして 2007年4月にインドネシアのアチェで実施した「アチェの子どもたちと創る演劇ワークショップ」に参加した子どもたちの作文を紹介します。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)日本研究・知的交流部 麦谷真理子 (2008年8月11日掲載)
国際交流に携わって20年~ソウル日本文化センターでの仕事を語る~ ソウル日本文化センターの辛承俊 (シン・シュンジュン) 職員が、2008年6月から8月まで2カ月間、東京にて研修プログラムに参加し、その機会に、ソウル日本文化センターの活動と、日韓交流、国際交流について語りました。 (2008年8月7日掲載)
「創造の場シンポジウム『都市を刺激するアート』」関連イベント AIT Artist Talk #35 2008年3月10日に東京都の代官山で開催された「創造の場シンポジウム『都市を刺激するアート』」関連イベント AIT Artist Talk #35のもようをお伝えします。(2008年5月15日掲載)
国際交流の仕事冥利~人を見つけ、人を結ぶ~ 1989年に国際交流基金に入社し、2007年4月よりパキスタン日本大使館で勤務中の深沢陽職員より、国際交流の仕事の面白さをお伝えします。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) パキスタン日本大使館勤務 深沢陽 (2008年4月16日掲載)
日本食紹介の新たな試み、「フィリピン全国弁当コンテスト」 2008年2月23日、24日にフィリピンのマニラで行なわれた、日本食を紹介する新たなかたちのイベント、「フィリピン全国弁当コンテスト」のもようをお伝えします。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)マニラ事務所長 鈴木勉 (2008年4月16日掲載)

※プロフィールは2008年度現在のものです。

ページトップへ戻る