国際交流基金を訪問されたみなさま(2011)

2011年3月9日

サハリン国立総合大学総長、Mr. Boris Misikovらが日本の研究のため来日され、国際交流基金本部を訪れました。

Mr. Boris Misikov

2011年3月3日

ワシントン・ナショナル・ギャラリーの主任、 Mr. Dodge Thompsonが日本アートの研究のため来日され、国際交流基金本部を訪れました。

Mr. Dodge Thompson

2011年3月1日

タイ初の独立公共放送のマネージングディレクター、 Mr. Thepchai Sae Yongが日本文化の研究のため来日され、国際交流基金本部を訪れました。

Mr.Thepchai Sae Yong

2011年2月16日

ルーマニアではエッセイストとしても著名な、ルーマニア文化会館 パタピエビッチ館長が初来日され、講演会を開催します。
詳しくはこちらをご覧ください。

パタピエビッチ館長

2011年2月14日

パリ第10大学准教授、フランス現代哲学のMr. Elie DURINGが日本の現代思想、美術、建築、科学哲学等の諸分野の幅広い専門家との交流を通じ、日仏の知的交流を深めることを目的に来訪されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

Mr. Elie DURING

2011年2月10日

英国セインズベリー日本芸術研究所所長の Dr. Nicole Coolidge Rousmaniereが大学での集中講座と日本文化の研究のため来訪されました。

Dr. Nicole Coolidge Rousmaniere

2011年1月27日

海外における日本理解および国内における異文化理解の促進と、各国の教育関係者間のネットワーク構築推進を目指し、中学校・高校の教員や教育行政官らが中東とアフリカの4カ国から合計28名、2週間の日程で来日しました。
詳しくはこちら【PDF:37KB】をご覧ください。

中学校・高校の教員や教育行政官

2011年1月12日

大和日英基金のプログラムにより来日し、さまざまな分野を対象に 日本研究を行っている大和日英基金の大和スコラー(Daiwa Scholar 2010)  計6名が、同基金東京事務局 河野副事務局長とともに国際交流基金本部を訪れました。 国際交流基金の活動やJFICライブラリーの紹介、意見交換などを行ないました。

大和スコラーについてはこちらをご覧ください。

イスタンブール文化芸術基金 総合ディレクターのGorgun TANER氏

ページトップへ戻る