国際交流基金×JFA×Jリーグ 共にアジアにおけるサッカー交流を展開

2014年11月13日

独立行政法人国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンター、公益財団法人日本サッカー協会(以下JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(以下Jリーグ)の三者は、アジアにおけるサッカー交流ならびに協働事業に関する覚書を締結いたします。

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、アジアの人々の間に隣人としての共感や共生の心が育まれていくことを目指し、芸術・学術、スポーツ、日本語教育をはじめとする様々な分野での文化交流を進めるため、2014年4月に国際交流基金内にアジアセンターが新設されました。この国際交流基金アジアセンターと、JFA、Jリーグが連携して、世界で最も愛されているスポーツのひとつであるサッカーを通じ、まずは東南アジアに焦点を当て、日本と東南アジアから交流の輪を拡げていきます。

アジアのサッカーが更にレベルアップすれば、それは必ず日本のサッカーのレベル向上にもつながります。

アジア各国との間では、近年、選手や指導者の交流が盛んに行われ、また日本代表やJリーグなどの試合のTV放送が行われる機会も増えてきました。こうした状況を背景に、アジア、とりわけ東南アジアのサッカーファンの間では日本の存在感が高まり、また日本のサッカー界との交流促進を求める各国のサッカー関係者の声も大きくなっています。この良好な関係をより深め、さらには世界に向けて、力を合わせてレベルアップした「アジアのサッカー」を発信していくことにつなげていきたいと考えています。

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人国際交流基金 コミュニケーションセンター
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
電話: 03-5369-6089 / ファックス: 03-5369-6044
公益財団法人 日本サッカー協会 コミュニケーション部 広報グループ
〒113-0033 東京都文京区本郷3-10-15 JFAハウス
電話: 03-3830-1807 / ファックス: 03-3830-1813
公益社団法人 日本プロサッカーリーグ 広報部
〒113-0033 東京都文京区本郷3-10-15 JFAハウス
電話: 03-3830-1866 / ファックス: 03-3830-1910

関係資料

ページトップへ戻る