地方活性化の若手仕掛人が米国で取組みを発信 ~7名が2015年1月にLA・デンバーで地域活性化の取組みを紹介~

2014年12月9日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本の地域活性化の次世代を担う若手リーダーを対象とした「地方の魅力発信若手リーダー米国派遣事業」の第2弾として、2015年1月に、全国の各地方自治体で地元の活性化について顕著な活躍をしている、若手7名を米国へ派遣します。

今回は、この7名が、米国の多様性を象徴する一大経済都市であり世界でも有数の海岸都市としても知られるロサンゼルスと、環境に優しい都市を目指す地域活性化で近年注目をあびているコロラド州のデンバーを訪問します。現地では、米国の地域活性化の関心層に対して、各自の取り組み、および地元の魅力についてのプレゼンテーションや、関連施設への訪問、現地で地域活性化に取り組む人々との意見交換を実施します。

本件に関するお問い合わせ先

本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 青少年交流室(担当:古屋、吉田)
電話: 03-5369-6022
Eメール: Masamichi_Furuya@jpf.go.jp, Takeshi_Yoshida@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金PR事務局(株式会社ベクトル内 担当:曽根、中野)
電話: 03-6825-3020 / ファックス: 03-5572-6065
Eメール: jpf-pr@vectorinc.co.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る