国際舞台芸術ミーティング(TPAMin 横浜2015 アジアにフォーカスして開催!

2015年1月30日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、国際舞台芸術交流センター(PARC)との共催で、2015年2月7日~15日に「国際舞台芸術ミーティングin 横浜 2015(TPAM in Yokohama 2015、以下TPAM)」を開催します。 

TPAMは、舞台芸術を「つくる人」と「みる人」のための、アジアで最も長い歴史を誇る、コンテンポラリー・パフォーミング・アーツの国際プラットフォームです。舞台芸術のプロフェッショナルを世界中から招き、公演、ディスカッション、ミーティングなど多様なプログラムを通して情報交換、相互理解、ネットワーキングの機会を提供します。

今年から、アジアにフォーカスします!

20年目を迎える今回、アジアセンター主催のもと、初めてアジアを中心としたプログラムで開催します。そして2020年までに、日本とアジア諸国の同時代の舞台芸術における交流と協働を深め、ネットワークを強化していきます。

その第一歩として、アジアセンターはアジア諸国を中心に、例年の倍以上となる約50名の舞台芸術の関係者(劇場やフェスティバルのディレクター、プログラマー、プレゼンターなど)を独自にTPAMに招き、全体では200名近くの海外の専門家の参加が見込まれています。さらにアジアに関わるミーティングや公演プログラムも増加、アジアの舞台芸術のより一層の発展と交流を図ります。

【会期】: 2015年2月7日(土曜日) ~ 2月15日(日曜日)
【会場】: ヨコハマ創造都市センター(YCC)、KAAT神奈川芸術劇場、BankART Studio NYK 他
【ウェブサイト】: http://www.tpam.or.jp/2015/

本件に関するお問い合わせ先

主催者・本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 アジアセンター 文化事業チーム (担当:稲田・山口・小島)
電話: 03-5369-6025
Eメール: tpam2015@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:川久保、麦谷)
電話: 03-5369-6089 / ファックス: 03-5369-6044
Eメール: press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

ページトップへ戻る