KAKEHASHI Project青少年派遣第8陣 3月4日出発 日本の大学生263名が米国各地で日本の魅力を発信

2015年2月19日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本政府(外務省)が推進する"KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow-(北米地域との青少年交流)"の一環として、2013年度から2年間で計4,600名の日米間の青少年交流(日本人青少年の米国への派遣/米国人青少年の日本への招へい)を実施しています。

本事業の一環として、3月に日本各地から選抜された大学生、計263名を米国各地に派遣します。10日間の日程で、同世代の学生との交流や企業訪問を実施し、各訪問先において、それぞれの地域や分野における日本の魅力について、学生の視点からプレゼンテーションを行い、米国における日本への関心を高める機会とします。

本件に関するお問い合わせ先

主催者・本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 青少年交流室 (担当:大西、吉田)
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6044
Eメール: Makoto_Ohnishi@jpf.go.jp、Takeshi_Yoshida@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:川久保、麦谷)
電話:03-5369-6089 ファックス:03-5369-6044 Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る