KAKEHASHI Project~中高校生派遣第9陣 3月19日出発 日本の中学・高校生356名が米国各地で地方の魅力を発信

2015年3月5日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本政府(外務省)が推進する“KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow-(北米地域との青少年交流)”の一環として、2015年3月に、日本各地から選抜された中学・高校生計356名を米国各地に派遣します。

本事業は、2013年度から2年間で計4,600名の日米間の青少年交流を予定しており、今回は10日間の日程で米国の中学校や高校を訪れ、各自しっかりと英語で練習した日本各地の多様な文化や習慣などについてプレゼンテーションを行い、同世代の米国の生徒達に日本の魅力を伝えます。この他、企業や文化施設の訪問、ホームステイ体験を通して、米国についての理解を深めます。 詳細の日程については、お問い合わせください。

本件に関するお問い合わせ先

主催者・本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 青少年交流室 (担当:大西、渡邉、椿)
電話:03-5369-6022
Eメール:Makoto_Ohnishi@jpf.go.jp , Megumi_Watanabe@jpf.go.jp , Mayumi_Tsubaki@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:川久保、麦谷)
電話:03-5369-6089 Fax:03-5369-6044 Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

ページトップへ戻る