—日本とアジアをつなぐ文化交流事業— アジア・文化人招へいプログラム 4月3日~ブルネイのグラフィックデザイナーが日本伝統美術を体感

2015年3月23日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、アジア各国の有識者を日本に招く「アジア・文化人招へいプログラム」を、2014年度より開始しました。初年度は、東南アジア7カ国から7名の招へいが決定しました。今後2020年度まで、文学、美術、舞台芸術、映像、その他文化諸分野の専門家が、毎年10名程度来日する予定です。

本プログラムでは、自身の専門分野を通じて社会的・文化的に大きな影響力を持ちながら、これまで日本との接点が少ないアジア各国の文化人・知識人を短期間招き、日本の文化や人と実際に触れ合う機会を設け、理解を深めるきっかけをつくります。さらに、日本の関係者とのネットワークの構築や、対話を通じて今後の共同制作などの可能性を探ります。招へいした文化人との交流を通じて、日本側においても、アジア各国の文化への理解が促進されることを期待しています。

今回は、ブルネイからグラフィックデザイナーのカマルル ザマン タジュディン氏が約2週間の日程で初めて来日します。日本の伝統・現代美術、陶磁や染織の工房の訪問、関係者との交流などを通じて、日本文化への知見を広げるとともに、今後の作品づくりへのヒントを得る機会とします。

ぜひご取材をご検討いただけましたら幸いです。日程の詳細、取材のご希望につきましては、お問い合わせください。

本件に関するお問い合わせ先

主催者・本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 アジアセンター 文化事業チーム (担当:小島) 
電話:03-5369-6025 Eメール: Kei_Kojima@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:川久保、麦谷)
電話:03-5369-6089 ファックス:03-5369-6044 Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

ページトップへ戻る