第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館、特別表彰受賞

2016年5月28日

第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展において、国際交流基金が主催し、山名善之氏をキュレーターに迎えた日本館は、特別表彰を受賞いたしました。
今年の日本館の展示は、「en [縁]:アート・オブ・ネクサス」と題し、高度経済成長終焉後の現代日本において、新しい価値を求めて活動する若い世代の建築家たちの実践を3つのテーマから紹介する内容となっています。現代日本で今現在起こっている出来事や課題に真摯に向き合い、失われつつある繋がりや、まだ誰にも見えていない結びつきを、丁寧に紡いでいこうとする建築家たちの活動に光を当てています。
一般公開に先立ち開催された内覧会期間中には、シンガポール大統領による日本館訪問をはじめ、各国館関係者や来場者からも好評を博し注目が高まっていました。
2016年5月28日11時(現地時間)にビエンナーレ開幕と共に本年度の各賞が発表され、日本館の展示「en [縁]:アート・オブ・ネクサス」は、特別表彰(Special Mention)を受賞いたしました。
日本館の特別表彰受賞は、2013年第55回ヴェネチア・ビエンナーレ美術展(アーティスト:田中功起氏)以来となります。建築展では、磯崎新氏、伊東豊雄氏がこれまでパヴィリオン賞(金獅子賞)を受賞しています。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 文化事業部 事業第2チーム (担当:原田、田崎、大川) 
電話:03-5369-6063 ファックス:03-5369-6038
Eメール:venezia@jpf.go.jp

取材・広報用画像に関するお問い合わせ
国際交流基金(担当:大西晶子)
電話:090-9621-5235
Eメール:venezia@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

事業ページ

ページトップへ戻る