日本語学習者向けウェブサイト「みんなで聞こう 日本の歌」を公開 日本の楽曲を通じて、日本語、日本文化への関心を促進

2016年6月1日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)関西国際センターでは、日本語学習者を対象にした日本語学習 eラーニング教材の開発に取り組んでいます。この度、日本の楽曲をきっかけに日本語に興味を持つ学習者が多いとの声を受けて、歌で日本語学習を支援するウェブサイト「みんなで聞こう 日本の歌」を開発、公開しました。

「みんなで聞こう 日本の歌」は、日本語を学んだことのない方から上級レベルの学習者まで、さらに、日本語学習者だけでなく音楽好きの方まで、幅広い方々を対象にしたウェブサイトで、日本人にはなじみの深い童謡・唱歌47曲、またインディーズ曲22曲の合計69曲の中から、ジャンル、テーマ、日本語難易度、タイトル、視聴ランキングなど、様々な方法で自分に合った日本の歌を探すことができます。再生ページでは、ひらがな・カタカナ、ローマ字の歌詞字幕が利用でき、日本語の文字が苦手な人でも、日本の曲を耳で、目で、楽しんでいただける内容です。さらにパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットにも対応しており、歌詞カードのダウンロードも可能で、日本語の授業などでも活用していただけます。

「みんなで聞こう 日本の歌」をきっかけに、歌を通じた交流が生まれ、日本語や日本文化に興味を持つ方がさらに多くなることを期待しています。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 関西国際センター 教育事業チーム (担当:小野寺、岸田)
電話:072-490-2602
Eメール:utasite@jpf.go.jp

取材に関するお問い合わせ
コミュニケーションセンター(担当:川久保、森)
電話:03-5369-6089  ファックス: 03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

事業ページ

ページトップへ戻る