日本・インドネシア等国内外からゲストを招き、世界の動向を紹介 “アート&テクノロジー”をテーマに、国際シンポジウムを初開催

2016年6月1日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)と共催し、「メディアアート」をはじめとした時代を牽引する革新的な技術による芸術文化の創造・発信を目指し、"アート&テクノロジー"をテーマにした国際シンポジウムを開催します。

本シンポジウムでは、デジタルテクノロジーや情報空間を活用した新たな表現活動の動向を広く捉えるため、美術表現から社会課題への取り組み、コマーシャル等の大規模なプロジェクトまでを含む"アート&テクノロジー"についての国際的な動向に着目します。東南アジアを含む国内外の様々な地域からゲストを招き、アーティストの視点や創造性、意欲的な活動を見せる海外の施設などを紹介するほか、経済成長や技術革新に寄り添いながら進展してきた同分野の日本における歴史的な変遷についても語ります。

"アート&テクノロジー"の動向を地域的、歴史的な観点から再検証することで、現在と未来、社会と芸術、個人と公共を繋ぐ芸術文化における新たなプラットフォームのあり方を考えます。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 アジアセンター(担当:廣田) 
電話:03-5369-6140

取材に関するお問い合わせ
コミュニケーションセンター(担当:川久保、森)
電話:03-5369-6089  ファックス: 03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

事業ページ

ページトップへ戻る