7月3日(日曜日)2016年第1回日本語能力試験 世界各地で39万人が挑戦!海外の応募者数は1万5000人増加

2016年6月14日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、7月3日(日曜日)に、海外32の国・地域の120都市で、日本語能力試験(JLPT)を実施します。この試験は毎年2回実施されており、世界最大規模の日本語を母語としない人の日本語能力を測定し認定する試験として、今年で32年目を迎え、試験を実施する国・都市も年々増加しています。昨年同時期の試験と比べても、海外では1万5000人、日本国内でも3万人受験者が増え、特に海外では、引き続き東南アジアでの増加が目覚しく(9.4%)、関心の高さが伺えます。今回増加率が最も高いフィリピンでは、国内での日本企業の進出などにより、学生や社会人の日本語学習への熱が上がっており、さらにJLPTの実施回数を年1回から2回に増やしたことも試験の認知度を向上させ、今回の2倍という大幅な応募者増につながっています。

お問い合わせ

本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 日本語試験センター(担当:安藤)
電話:03-5367-1021 / Eメール: jlptinfo@jpf.go.jp

ご取材に関するお問い合わせ
コミュニケーションセンター(担当:川久保、森)
電話:03-5369-6089  ファックス: 03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

ページトップへ戻る