日本語学習プラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」を公開 オンラインで日本語学習、コミュニティ機能で世界に日本語仲間をつくる

2016年7月27日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)関西国際センターでは、日本語学習者を対象にした日本語学習eラーニング教材の開発に取り組んでいます。この度、「日本語を勉強したくても教室が近くにない」、「興味はあるけどなかなか一歩が踏み出せない」という世界中の皆さまに、より気軽に日本語を学ぶ機会を提供するため、日本語学習プラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」を開発し、本日公開しました。

「みなと」はオンライン環境で利用可能で、パソコン、タブレット、スマートフォンなどで、いつでも、世界中どこででも日本語を学ぶことが可能です。日本語学習への入り口を広くするため、日本語と日本文化を総合的に学ぶ「まるごとコース」のほか、文字に焦点をあてた「ひらがな・カタカナコース」、視覚的に楽しく日本語に触れる「アニメ・マンガの日本語コース」など、利用者の興味に合わせた学習ができるようなコースを用意しています。自分のペースで学習できる「自習コース」が中心ですが、課題の添削やライブレッスンなど教師のサポートを受けながら学ぶ「教師サポート付きコース」も利用できます。さらに、孤独になりがちなオンライン学習の悩みを解決する試みとして、日本語を学ぶ世界中の仲間と交流できる「コミュニティ」機能も設置。仲間との交流を通じて、さらに日本語学習への意欲が高まることを期待しています。

国際交流基金では今後も順次、レベル、学習カテゴリー、解説言語を充実させ、さまざまな日本語コースを提供していきます。将来的には、国際交流基金の海外拠点が運用主体となり、魅力的な日本語コースを展開していく予定です。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 関西国際センター 教育事業チーム (担当:梅枝、栗原)
電話:072-490-2602
Eメール:ekc@jpf.go.jp

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター (担当:川久保、森)
電話:03-5369-6089 ファックス: 03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

事業ページ

ページトップへ戻る