8月20日~28日:アジア人材育成プログラム「リードアジア」日本・中国のビジネスを大学生の視点で考える

2016年8月8日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)日中交流センターは、日中学生交流連盟(Japan China Student Frontier Group)が企画・運営する、将来のアジアを担う人材を育成するプログラム「リードアジア」事業を、2013年より支援しています。4年目となる本年は、初めて中国の学生が実行委員長に就任。日中あわせて43名の学生が参加し、日本企業13社のご協力による企業研修やワークショップなど、約1週間の日程で実施します。

「リードアジア」では、実行委員が日中をビジネスで結びつけるプログラムを企画し、日本企業に提案。主旨に賛同し、ご協力いただく訪問先の企業から出される課題を、日中混合のグループで議論し、実際に企業担当者からフィードバックを得ながら、企業側にも学生視点のインプットを行うなど、アジアをリードする人材の育成を目指します。さらに、歴史や国際情勢に関する勉強会も開催し、学生同士が真正面から課題に向き合い、今後両国の関係を発展させるためにどのようなことができるか、お互いの意見を知り、ともに考える機会とします。

今回の事業を通じて、短期間ながら寝食を共にし、企業訪問を交流の場に、活発な議論をぶつけあうなど濃密な時間を過ごすことで、国境や価値観の違いを超えた相互理解が深まることを期待しています。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 日中交流センター(担当:諸田、徳満)
電話:03-5369-6074
Eメール:fureai@jpf.go.jp

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター (担当:川久保、森)
電話:03-5369-6089 / ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

ページトップへ戻る