国際交流基金アジアセンター、講道館と共催で
柔道を通じてアジアとつながる交流事業を開始
第1弾はASEAN諸国の柔道連盟会長を招へい

2016年11月8日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、公益財団法人講道館との共催により、柔道を通じてアジアのスポーツ・文化交流のネットワークを構築・強化することを目指す交流事業を開始します。
日本発祥で、世界的スポーツへと発展している柔道は、ASEANにおいても非常に人気が高く、注目を集めています。初年度は、ASEAN諸国の柔道連盟会長を招へいし、すべての参加国による全体会議と、各国の柔道事情についての調査を行う個別会議を開き、次年度以降の多角的なサポートのあり方を検証していきます。「講道館杯全日本柔道体重別選手権大会」の視察や日本文化体験などの機会も提供します。

お問い合わせ

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:伊藤、森) 
電話: 03-5369-6089 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

事業ページ

ページトップへ戻る