アジアのメディアアートを知る。インドネシアのライフパッチが2月来日!

2016年12月22日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターでは、日本を代表するメディアアート専門の文化施設であるNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]と協働し、「アジアのメディア・コンシャス」を実施しています。「アジアのメディア・コンシャス」は、日本とアジア諸国の現代の芸術表現におけるメディアテクノロジーの役割、活用法などをテーマに、世界各地で実践されるアーティストやエンジニアの活動を紹介する企画展示です。本展では、インドネシアのジョグジャカルタで2012年に結成されたライフパッチ(Lifepatch)を取り上げます。
ライフパッチは、科学者、プログラマー、デザイナー、アーティスト、キュレーター等の様々な専門性を有する11名のメンバーで構成された、アート、科学、テクノロジーの領域で横断的な活動を行う組織です。彼らは、デジタルテクノロジーを駆使し、社会における問題提起としての実践的芸術表現や、次世代の育成といったプロジェクトを立ちあげ、地域社会におけるテクノロジー、天然資源、人的資源の調査・研究・開発に取り組んでいます。また、ジャカルタ・ビエンナーレをはじめとする美術展ではインスタレーション作品も多数発表。2014年にはオーストリアのメディアアート・フェスティバル「アルス・エレクトロニカ」のデジタル・コミュニティーズ部門で入賞を果たしました。
本展では会期を二期に分け、約半年間にわたり展示やワークショップ、トークイベントなどを通じ、国内で初めて、彼らの活動を総合的に紹介します。2017年2月には、3名のメンバーが来日し、ワークショップやトークイベント等の関連イベントを開催します。

お問い合わせ

本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 アジアセンター文化事業第1チーム (担当:廣田)
電話: 03-5369-6140

ご取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:伊藤、諏佐)
電話: 03-5369-6089 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

関係資料

ページトップへ戻る