ASEAN設立50周年記念「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」

2017年3月8日

国立新美術館と森美術館、国際交流基金アジアセンターは、2017年7月5日(水曜日)から10月23日(月曜日)まで、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」を開催します。 ASEAN(東南アジア諸国連合)設立50周年にあたる2017年、東南アジアの現代美術を紹介する、史上最大規模の意欲的な展覧会です。 本展は、同じ六本木エリアにある国立新美術館、森美術館両館長が発案し、国際交流基金の賛同により実現したもので、3者が総力を挙げ、14名のキュレトリアル・チームによる2年半にわたる現地調査を経てASEAN10カ国より85組(予定)のアーティストを選定、計約180点の作品を2館の会場に展示する、初の共同企画展となります。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 アジアセンター文化事業第1チーム(担当:根本)
電話:03-5369-6140
Eメール:Takeshi_Nemoto@jpf.go.jp

取材・広報用画像のお問い合わせ
『サンシャワー:東南アジアの現代美術展』広報事務局(共同PR内)(担当:三井・谷川)
電話:03-3575-9823 ファックス:03-3574-0316
Eメール:sunshower2017pr@kyodo-pr.co.jp
〒104-8158 東京都中央区銀座7-2-22 同和ビル7階

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

事業ページ

ページトップへ戻る