過去の災害を教訓にアジア発の新たな防災教育
アクションプランを具現化する「HANDs!プロジェクト」
10月14日~18日 日本プログラム実施

2017年10月11日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、2014年度より、アジアの若者が東南アジアと日本で過去に発生した大型災害の被災地を視察し、その教訓を学んだ上で、アジア発の新たな防災教育アクションプランを具現化する「HANDs!プロジェクト」を実施しています。

プログラム4年目となる今年は、日本から参加する田中美咲氏(一般社団法人防災ガール 代表理事)、糸谷夏実氏(防災教育の研究者)を含む過去最多9ヵ国(インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、インド、カンボジア、ミャンマー、ネパール、日本)から選抜された26名のフェローが、フィリピンと日本で学びと実践の現地訪問を行います。日本では、10月16日(月曜日)から17日(火曜日)に東日本大震災の被災地である東北を訪問した後、18日(水曜日)に東京にて報告会を開催します。なお、東北には2014年度、2015年度ともに訪問しています。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 アジアセンター 文化事業第2チーム(担当:工藤、後藤)
電話:03-5369-6025

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:二村、熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

事業ページ

ページトップへ戻る