東南アジアの「今」を映す、短編ドキュメンタリー上映会
Visual Documentary Project 2017」
12月7日(木曜日)京都、9日(土曜日)東京開催

2017年11月9日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、東南アジアと日本の映像作家が制作する短編ドキュメンタリー作品を募集し、上映を通じて東南アジア地域の現状を捉え、同地域が抱える諸問題の解決策を考える契機とするため、2014年度より京都大学東南アジア研究所と共に、「Visual Documentary Project(ビジュアル・ドキュメンタリー・プロジェクト)」を実施しています。このたび、2017年度の入選5作品が決定し、入選作品の監督・関係者\9名を日本に招いて、12月7日に京都、12月9日に東京で上映会を開催します。

詳細は配信プレスリリース【PDF:648KB】をご覧ください。

今年度のプロジェクトでは、「東南アジアの都市生活」と題し、東南アジアの都市生活に見られる様々な表現をテーマに東南アジアと日本の12か国から作品を募集しました。その結果、各国から様々な切り口と視点でテーマに迫る、103の優れた作品が集まりました。上映作品の選考は、カンヌ国際映画祭「ある視点部門」でグランプリを受賞するなど、ドキュメンタリー映画を中心に国際的に高い評価を受けるカンボジアの巨匠リティ・パン監督も参加して行われ、厳正な審査の結果、インドネシア、カンボジア、 フィリピン、マレーシア、ミャンマーを舞台にした5作品が選ばれました。

配信プレスリリース

事業ページ

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 アジアセンター文化事業第1チーム(担当:滝本、掛谷)
電話:03-5369-6140

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:二村、熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る