世界有数・国内唯一の舞台芸術プラットフォーム
TPAM-国際舞台芸術ミーティングin横浜2018
開催のお知らせ

2017年12月19日

国際交流基金アジアセンターは、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜芸術文化振興財団およびPARC―国際舞台芸術交流センターと共同で、2018 年2月10日(土曜日)より18日(日曜日)まで横浜にて国際舞台芸術ミーティング in 横浜2018(略称:TPAM)を開催します。

詳細は配信プレスリリース【PDF:1,301KB】をご覧ください。

  • ホー・ツーニェン『一頭あるいは数頭のトラ』の画像
    ホー・ツーニェン『一頭あるいは数頭のトラ』
    Courtesy of the artist
  • 梅田哲也『インターンシップ』の画像
    梅田哲也『インターンシップ』
    (c)Rody Shimazaki

TPAMは、アジアと世界の舞台芸術の最新動向を伝える公演プログラム(TPAMディレクション)、国内外のフェスティバルや劇場、芸術文化団体等の関係者数百名が一堂に会する交流プログラム(TPAMエクスチェンジ)、日本の若手アーティストにとって新たな観客の開拓や海外公演のチャンスとなる公募プログラム(TPAMフリンジ)の3つのプログラムを、9日間にわたって実施します。2015年よりアジアの同時代舞台芸術に焦点をあて、アジアのアーティストの作品を紹介し、また世界各国のフェスティバルや劇場、芸術文化団体の関係者およびアーティストのための情報交換や交流の場を提供し、招へい公演や共同制作など、新たな協働などが生まれています。いまや、2月に横浜に来ればアジアの新しい舞台芸術作品やその関係者に会える場所として、世界の舞台芸術関係者にその名が知られるようになりました。

配信プレスリリース

事業ページ

お問い合わせ

当基金に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:熊倉、二村)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

公演・取材に関するお問い合わせ
国際舞台芸術ミーティング in 横浜 事務局広報担当:雨宮士郎(あまみや・しろう)
電話:03-5724-4660 ファックス:03-5184-4661
Eメール:amemiya@tpam.or.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る