アジア域内の音楽の可能性を発信するアンサンブルズ・アジア
1月30日・2月20日 東京にて報告会開催

2018年1月18日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、アンサンブルズ・アジアの4年間の活動を振り返るプロジェクト報告会を、1月30日(火曜日)と2月20日(火曜日)の全2回で開催いたします。

詳細は配信プレスリリース【PDF:607KB】をご覧ください。

  • OPEN GATE 2017の写真
    OPEN GATE 2017 より 写真:WinWin
  • AMF2017 京都公演 の画像
    AMF2017 京都公演 より 写真:井上嘉和

アンサンブルズ・アジア事業は、2014年に音楽家の大友良英氏をアーティスティック・ディレクターに迎えて始動し、音楽のフロンティアと音を楽しむ人とをつなぎ、音楽を通じ様々な交流をするなかで、アジアの国どうしの相互理解を深め、新たな音楽の可能性を世界に発信する目的で活動を行っています。

2017年度は、音楽と美術の間を越境した表現を探求していくアジアン・サウンズ・リサーチ(ASR)、インディペンデントに活動する音楽家・オーガナイザーの交流深化を目的としたアジアン・ミュージック・ネットワーク(AMN)の2つのプロジェクトを実施しました。活動の集大成として、それぞれ「OPEN GATE2017」、「アジアン・ミーティング・フェスティバル2017」を昨年9月に日本国内にて開催しました。今回の報告会では、このイベントを踏まえながら、これまでの4年間の活動を振り返ります。

配信プレスリリース

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 アジアセンター 文化事業第1チーム(担当:渡邊、中島)
電話:03-5369-6140
Eメール:Kinu_Watanabe@jpf.go.jp

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る