国際交流基金アジアセンターと埼玉国際サッカーフェスティバルとの主催事業
サッカーの競技力向上と国際交流の深化を目指して
3月16日〜18日に「埼玉国際サッカーフェスティバル」を開催!

2018年1月26日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは埼玉国際サッカーフェスティバル実行委員会と、スポーツを通じた国際交流を広めることを目的とした埼玉国際サッカーフェスティバル2018を、3月16日(金曜日)から18日(日曜日)までの3日間の日程で共催いたします。

詳細は配信プレスリリース【PDF:762KB】をご覧ください。

昨年度の様子の写真1 昨年度の様子の写真2
写真:昨年度の様子 (c)埼玉県

2020年の「東京オリンピック・パラリンピック競技大会」に向けて、サッカーの競技力の向上と国際交流の深化を目指し、本国際大会を実施することとなった次第です。大会中はタイから女子U18代表、オーストラリアから南オーストラリア州女子選抜チーム、ブラジルからパルメイラスU16ユースチーム、韓国から全北現代(チョンブク・ヒュンダイ)モータースU16ユースチームをお招きし、埼玉県選抜の選手との間で熱い戦いが繰り広げられます。
3月16日(金曜日)には海外チームが埼玉県の高等学校の部活動を訪れ、華道、茶道などの日本文化を体験するほか、17日(土曜日)には若いアスリートの国際交流を目的とした歓迎会を当基金日本語国際センターで開催します。

配信プレスリリース

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 アジアセンター 文化事業第2チーム(担当:釜田) 
電話:03-5369-6025

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る