Haruki Murakami Festival in Manila
マニラにて村上春樹を「聴く」「観る」「語る」フェスティバルを開催

2018年2月14日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、フィリピンでも非常に人気のある作家 村上春樹氏の作品を様々な形で楽しんでいただく試みとして、『村上春樹フェスティバルinマニラ』と題し、フィリピンのマニラで、2月27日から3月24日まで、『聴く』、『観る』、『語る』と称し、コンサート、映画上映、トークイベントを以下のとおり開催いたします。

詳細は配信プレスリリース【PDF:607KB】をご覧ください。

村上春樹フェスティバルの舞台写真と映画ポスターと登壇者の写真
(c) 2010"Norwegian Wood" MURAKAMI Haruki, Asmik Ace, Fuji Television
(c) WILCO Co.,Ltd.

『聴く』では、音楽評論家の小沼純一氏監修のもと、村上作品に登場する数々の楽曲と、村上作品の文章を織り交ぜた「オリジナルコンサート」を、日本とフィリピンのトップアーティストの共演によって、村上春樹の世界感を音楽にのせてお送りします。大好評だったシンガポール、ソウル、東京公演(2015、16年)に続いて、マニラでの開催です。

『観る』では、村上春樹氏の小説を原作とし、国際映画祭で数々の賞を受賞して大ヒットした、映画「ノルウェイの森」および「トニー滝谷」を上映します。

『語る』では、フィリピンの村上春樹研究者や、フィリピンのピューリツア賞とも呼ばれるPalanca賞受賞作家が村上作品について、様々な角度から語ります。

配信プレスリリース

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 マニラ日本文化センター(担当:小出)
電話:0(63-2)811-6155 ~ 58

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る