共にアジアで生きる映画・映像専攻の学生たち、交流を通してグローバルな視野を育む
2月28日~3月13日 「...and Action! Asia#04」開催
公開イベント:3月11日 短編映画上映プレゼンテーション

2018年2月26日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、2月28日(水曜日)~3月13日(火曜日)の2週間、日本と東南アジアで映像制作を学ぶ学生を集め、短編映画の共同制作と上映を中心としたワークショップ「 ...and Action! Asia#04 -映画・映像専攻学生交流プログラム-」を実施いたします。

詳細は配信プレスリリース【PDF:586KB】をご覧ください。

  • ワークショップの写真1
  • ワークショップの写真2
  • ワークショップの写真3

写真:平成28年度「...and Action! Asia #03 –映画・映像専攻学生交流プログラム-」より

本事業は、日本と東南アジアで映像制作や映画理論を学ぶ学生たちによるグループワークを通して、アジアで共に生きる者としての共感や共生、将来の創作の糧となるグローバルな視野を育むことを目指します。4年目となる本年は、日本映画大学との共催。日本、タイ、ベトナム、マレーシア、ラオスの大学で映画制作を専攻する学生・教員計26名が日本に集まり、2週間のワークショッププログラムで短編映画を制作し、3月11日(日曜日)に上映します。プログラム会期中には、映画監督の井口奈己氏(『犬猫』、『人のセックスを笑うな』)を講師に迎えて、映画制作に関する特別講義も行います。

配信プレスリリース

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 文化事業第1チーム(担当:掛谷、滝本)
電話:03-5369-6140

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る