国際交流基金 - 第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館展示「建築の民族誌」と題し、社会の未来に関する議論の進化を投げかける

第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館展示
「建築の民族誌」と題し、社会の未来に関する議論の進化を投げかける

2018年5月10日

ロゴ画像

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、ヴェネチア(イタリア)で2018年5月26日から11月25日にかけて開催される「第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」に参加し、日本館を主催いたします。 キュレーターを務めるのは貝島桃代氏、展示タイトルは「建築の民族誌」。貝島氏に加え、ロラン・シュトルダーと井関悠の両氏から成るキュレーターチームを構成し、国内外の大学やデザインスタジオ、建築家から現代美術作家まで42組の作品を紹介します。

詳細は配信プレスリリース【PDF:3,034KB】をご覧ください。

配信プレスリリース

事業ページ

お問い合わせ

本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 文化事業部事業第2チーム(担当 大平・佐藤)
電話:03-5369-6063 ファックス:03-5369-6038
Eメール:venezia@jpf.go.jp

取材・広報用画像のお問い合わせ
西谷枝里子
電話:090-2062-6963
Eメール:venezia@jpf.go.jp

当基金に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る