国際交流基金 国際文化交流事業の現場を知る
一日型インターン募集について

国際交流基金の事業を知り、国際文化交流の生の現場を体感するインターンシップ。
世界の人に、もっと日本を理解してもらうため、意欲ある学生さんの参加をお待ちしております!

インターンシップ内容

中国の高校等で日本語を教えている、中国人日本語教師約20名を対象とする研修の、
日本語授業にご参加いただきます。

日本の日常生活や習慣等について意見交換を行い、
中国人日本語教師の日本理解深化のお手伝いをしていただくと同時に、
日本語教育支援事業の現場を肌で感じ、職員がどんな想いを胸に働いているのか、文化交流の意味と、
それに携わる仕事の意義を考えるプログラムとなっています。

授業参加後は、職員の仕事・働き方紹介や、施設見学、就活アドバイス等を予定しています!

特別な事前準備は必要ありません。
みなさんの普段の生活について話していただくことが、海外の日本語教師にとって貴重な情報となり、
海外の教育現場で生かされることになります。

世界と日本を繋ぐ仕事に興味のある学生さんのご参加を、お待ちしております!

募集概要

1. 日時

平成30年2月16日(金曜日)

2. 場所

3. 応募資格

以下の1~3をすべて満たす方

  1. (1)4年制大学または大学院に通う学生(※大学での専攻・専門は問わない)
  2. (2)日本語ネイティブ
    (※本プログラムの中で、現場体験として「日本語教師の研修事業」の「総合日本語」科目に参加する際、日本語で会話をし、日本の生活習慣・日本の学生の考え方等を共有いただく必要があるため、今回については日本語ネイティブの方限定といたします。)
  3. (3)日本語教育や、国際文化交流に携わる仕事に興味がある

4. 応募方法

マイナビ2019、またはリクナビ2019から、エントリーしてください。

5. 応募期限

2018年1月19日(金曜日)締切

6. 募集人数

10名
※応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。

7. その他

  1. (1)報酬・交通費:支給はありません
  2. (2)持ち物:筆記用具のみ
  3. (3)服装:私服、リラックスできる服装でお越しください!

問い合わせ先

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
国際交流基金 総務部人事課 インターンシップ担当 十河、川瀬
電話:03-5369-6052(人事課直通)
Eメール:JF_Saiyo@jpf.go.jp
(※メール送信の際は、全角@マークを半角@に変更してください。)

ページトップへ戻る