国際交流基金 本部ライブラリー主任司書募集について

1.募集の目的

独立行政法人国際交流基金(以下「当基金」)は、文化芸術交流、海外における日本語教育、日本研究・知的交流の分野でさまざまな活動を行っています。
本部にあるライブラリーは、当基金の出版物や報告書類、文化交流に関する資料、外国語による日本紹介の資料を所蔵し、一般に公開している専門図書館です。
このたび、主任司書として、同ライブラリーの運営に専門的見地から関わり、中心的な役割を担っていただく方を募集します。熱意を持って主体的に取り組んでいただける方の応募を期待します。

2. 募集人員

1名

3. 募集内容

本部ライブラリーの運営管理全般

  1. (1)司書業務全般
    図書館システム管理、データベース管理、ネットワーク管理、資料収集・整理、閲覧業務、レファレンスサービス、ILL(相互貸借)、等
  2. (2)図書館運営業務
    業務計画書作成、業務全体の管理、予算管理、月次報告書作成、各種統計作成、当基金内外関係機関・関係者との連絡・調整など

4. 勤務場所

5. 職位

当基金と雇用契約を結び「専門員」として主任司書業務に従事

6. 契約開始時期及び契約期間

  1. (1)契約開始時期:平成30年4月1日
  2. (2)契約期間:平成30年4月1日~平成31年3月31日(予定)
    ※ ただし勤務成績が良好な場合、平成31年4月1日以降契約を更新し、平成35年4月1日以降無期雇用に切り替える場合があります。

7. 勤務条件・待遇

  1. (1)給与等:当基金の規程により各人の学歴・経験等を勘案して決定
    基本手当、特別調整手当、その他諸手当、扶養手当(該当する場合)、住居手当、通勤手当、特別手当
  2. (2)福利厚生:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に加入
  3. (3)勤務日:月曜日から金曜日までの週5日勤務
    休日は、土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
    ※ただし業務上の必要により、休日に勤務を命ずる場合がある
  4. (4)勤務時間:9時30分~19時までの時間帯の中で実働7時間半(休憩時間は1時間)シフト制
  5. (5)毎年度20日の年次有給休暇制度あり(ただし勤務開始日によって日数が調整される)。
  6. (6)その他の勤務条件:当基金の定めるところによる

8. 応募資格

以下の(1)~(6)の資格を満たすもの

  1. (1)大学学部卒以上の学歴を取得し、司書資格を有すること
  2. (2)大学図書館、研究機関図書館において原則継続して10年以上の実務経験を有すること。
    図書館管理運営の経験があればなお可
  3. (3)外国語資料のデータ登録経験があること。NACSIS-CAT/ILL の経験を有すること
  4. (4)日本語に加え、英語に精通していること。英語によるガイダンス、英文作成能力を有すること
  5. (5)図書館システム、データベース、ネットワーク、アーカイブ等の情報技術についての能力を有すること
  6. (6)日本国籍を有する者でない場合は、日本国内で合法的に就労できること

9. 応募方法

以下の(1)の応募書類を(2)の宛先に送付してください

  1. (1)応募書類
    1. ア.国際交流基金本部ライブラリー主任司書応募用紙【PDF:159KB】
    2. イ.志望理由書(これまでの業務経験を踏まえて採用後の抱負をまとめたもの。A4用紙 1~2 枚、自由書式)
    3. ウ.推薦状1通以上
      ※推薦者と本人の関係を推薦状に明記すること。また、推薦状は推薦者本人が封筒に入れ厳封すること。推薦状については、推薦者から当基金コミュニケーションセンター宛に直接送付することも可(締切厳守)
    4. エ.証明書類の写し(大学以降の学歴、資格、外国語能力を照明できるもの)
      ※第二次審査通過者には、職歴の証明書、健康診断書等の提出を求めることがあります。
  2. (2)宛先
    〒160-0004 東京都新宿区四谷 4-4-1
    国際交流基金コミュニケーションセンター 主任司書採用係
    ※封書には朱書きで「主任司書応募書類在中」と記してください。
  3. (3)応募締切
    平成29年12月25日(月曜日)必着
    ※1 応募書類は郵送のみ可とし、ファックスや電子メールによる応募は受理しません。
    ※2 応募書類は返却しませんので、あらかじめご了承ください。

10. 選考方法

  1. (1)第一次選考(書類選考)
    第一次選考合格者に対し、平成29年12月28日(木曜日)までに電子メールにより通知します。
  2. (2)第二次選考(面接選考)
    第一次選考合格者に対し、当基金が指定する日時(平成30年1月10日を予定)に面接選考を実施します。第二次選考対象者には35,000円を上限として、所定の交通費(実費)を支給します。

11. 連絡先(問い合わせ先)

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
国際交流基金コミュニケーションセンター 主任司書採用係
電話:03-5369-6075

ページトップへ戻る