日本研究・知的交流部 小出 哲也 (平成22年採用、政治経済学部卒)


バンコク日本文化センター 内田康子氏の写真

テニス、アメリカ留学(1年間)、海外バックパック旅行に熱中した学生時代を経て、国際文化交流の面白さを多くの人に伝えたいと考え、国際交流基金に就職。経理部会計課にて2年間の勤務後、現在は日本研究・知的交流部と青少年交流室の2部署を兼任。

国際交流基金に入ったきっかけ

学生時代の経験を通じ、世界の多様な文化や人との出会いに感動したりショックを受けたりして自分自身の世界観がどんどん変わっていき、異文化交流を通して人生が豊かになるのを感じていました。そんな国際交流の経験を自分以外の方にも持っていただきたい、国際交流を通じて世界と日本をより良くしたい、という想いから国際交流基金を志望しました。

担当してきた業務

最初の2年間は、経理部会計課にて調達や財産管理業務を担当しました。文房具等の消耗品の購入から国際宅配便の入札業務、本部ビルや職員宿舎の管理業務までを経験し、プロジェクト管理や経理の基礎を学べたことは、事業の現場に来た今も非常に役立っています。
その後は日本研究・知的交流部に異動し『キズナ強化プロジェクト』と題した東日本大震災復興支援事業を担当、被災地の復興状況や海外からの支援への感謝の気持ちを発信したり、「日米交流の担い手育成」を目的に、2,000名規模の日米青少年交流事業を実施しました。

現在の担当業務

1.日本研究・知的交流部では大きく分けて(1)日本研究者支援 と(2)知的交流事業を実施しています。

  1. (1)日本研究者支援
    日本研究者(日本について研究している海外の研究者)の日本社会や文化への理解がより深まるよう 、フェローシップ(奨学金)事業の運営や、日本研究者同士のネットワーク作りのため、学会や大学機関等への助成金事業等を行っています。 日本研究者への支援の意義を感じる例として、例えば東日本大震災発生直後は、甚大な被害に関する報道が溢れる中、海外の日本研究者が事実をもとに被災・復興状況を説明し、日本に対する悲観的な情報ばかりが過剰に広まるのを抑え、前向きな視点を与えてくださった、ということもあります。
  2. (2)知的交流事業
    世界には、国を問わず共通する課題(持続可能な開発、平和構築など)がありますが、そういった課題解決への貢献、知的リーダー層のネットワーク強化、そして日本に関心を持つオピニオンリーダーの裾野を広げることを目的に、国際会議への助成や主催事業としての国際会議企画・実施等をしています。
    助成事業では、申請書の審査から申請者とのコミュニケーション、経理関係の手続き等を行います。主催事業では、企画(共催団体や専門家との話し合い、アジェンダの設定や会議プログラムの作成等)から、運営上の各種手配(会場、航空券、宿泊先、通訳等の手配や広報等)を行います。
    私は、主催事業では『少子高齢化』や『国際文化交流とニューメディアの今後』をテーマとしたシンポジウムを担当しました。『少子高齢化』シンポジウム企画の際は、「少子高齢化を逆にアドバンテージに変えるにはどうしたらよいか」という問題意識のもと、「世界でもいち早く少子高齢化の進む日独が、その経験を各国に伝えていくことができればアドバンテージになるのではないか」というアジェンダ・セッティングを関係者と共有しながら進めたことで、建設的な議論の場をつくることができました。
  • シンポジウムの写真1
  • シンポジウムの写真2

「国際文化交流とニューメディアの今後」についての主催シンポジウム (写真撮影や記録をとっているのが私です)


2.青少年交流室

青少年交流室は、特に次世代を担う日米の若者を対象に、日本の魅力発信、相互理解の深化、ネットワーク強化等を目的に、国際交流の機会を設けるKAKEHASHI Projectを実施しています。このプロジェクトでは、4,600人規模で日米の多くの若者に交流機会を設けることを目指し、様々なテーマでの青少年交流を実施しており、私は大学生交流クリエイター交流(日本への招へい【PDF:96.6KB】米国への派遣【PDF:288.3KB】)といった事業から、交流の際に役立つようなコミュニケーション・ツール(自己紹介カード兼グリーティングカード)の開発といった事業に携わっています。
大規模なプロジェクトですので、多くの協力機関と密接に連携しながら、交流の機会を多く設定し、相互理解が深まるよう意識してプログラムを設計しています。

  • 日本の若手デザイナーの写真
    日本の若手デザイナーの米国視察・現地クリエイターとの交流事業を運営
  • 噺家の真似をしながら、英語落語を楽しむ米国の大学生の写真
    噺家の真似をしながら、英語落語を楽しむ米国の大学生

ある一日のスケジュール

9時30分
出勤、メールチェック(英語・日本語半分ずつ)
11時00分
課会(進捗共有等)
12時30分
昼食
13時30分
専門家(大学教授)往訪 
15時00分
フェローとの面談(英語)
16時00分
資料作成(経理、データ入力等)
17時00分
次年度プロジェクト打ち合わせ
18時00分
退勤 (シンポジウム等の外部イベントに出席することも)

苦労の場面

「どうすれば、より良い国際交流の機会を生み出せるのか」。その答えは一つではなく、どこまでも追求できる問いなので、日頃から人に会ったり本を読んだりして、アンテナを張ってはいるものの、プロジェクト企画時はいつも悩みが尽きません。  しかし、自分だけで考えてもわからない時は、同僚や外部の専門家の方々に、積極的に相談するように意識しています。すると、「こんな事例があるよ」「あの人を紹介するよ」等周囲の人達のアドバイスや助けによって突破口が見えてくることが多々あります。日頃から支えてくれている周囲に感謝しつつ、自分のできることから周囲にお返ししていけたらと思って仕事をしています。


やりがい、醍醐味

米国からの大学生の神戸市視察をアレンジの写真
米国からの大学生の神戸市視察をアレンジ

2年前に携わっていた『キズナ強化プロジェクト』にて、被災地の高校生約150名を米国の西海岸に派遣しました。初めて海外に行く学生が多く、みな英語でコミュニケーションをとれるかどうか、という不安や期待を抱えて旅立ちますが、旅の終わりに、ホストファミリーや2週間一緒に案内してくれたアメリカ人ガイドと離れる際、別れを惜しんで泣く子も少なくありませんでした。
それを見たとき、私は自分の国際交流の原点を思い出し、深いやりがいに包まれたのを覚えています。(私自身、英語が苦手な高校生でしたが、修学旅行で行った北京で中国の人と友達になり、国際交流の楽しさに目覚めました。)
プロジェクトに関わった人が、その国に対して理解を深め、誰か一人でも友達ができた時、その友達をきっかけにその国への考え方が大きく変わっていく、そのような機会を提供できることは大きな醍醐味です。


国際交流基金の仕事へ関心を持つ方へのメッセージ

自分と異なるバックグラウンドを持った人との交流は刺激に満ちていておもしろく、国際交流や国際比較を通じて得る新しい気付き(イノベーションへのヒント)が多々あります。
 「こんな制度や取り組みについて世界に紹介したら、社会がもっとよくなるのではないか」という具合に、世界や日本の未来について考えながら仕事をできるのは、国際交流基金ならではのやりがいです。

こんな国際交流をやってみたい、こんな日本を紹介してみたい、など、やりたいことを持っている方や好奇心旺盛な方には、とてもおもしろい仕事が沢山あります。ぜひ一緒に国際文化交流を盛り上げていきましょう!

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
総務部 人事課 職員採用担当
電話:03-5369-6090
Eメール:JF_Saiyojpf.go.jp
(メールを送る際は、全角の@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る