国際交流基金 日本研究・知的交流部欧州・中東・アフリカチーム 嘱託募集について

1.募集の目的

独立行政法人国際交流基金は、「文化芸術交流」、「海外における日本語教育」、「日本研究・知的交流」の三つの分野ならびに「アジア文化交流強化」について、日本と諸外国の間の国際文化交流事業を実施しています。

日本研究・知的交流の分野では、海外における日本への理解を深め、日本と諸外国の相互理解を強化することによって、日本の対外関係の維持発展に寄与するため、海外における日本研究、及び日本と海外の間の知的交流を促進するための諸事業を実施しています。具体的には、海外における日本研究の拠点となる機関への協力、海外の日本研究者に日本での研究の機会を提供するフェローシップやネットワーク支援、国際的な重要課題や日本と諸外国の共通の関心事項についての対話を目的とした国際会議やセミナーへの支援等を行っています。

この度、日本研究・知的交流部において、欧州・中東・アフリカ地域を担当する嘱託を以下のとおり募集致します。

2.募集人数

1名

3.業務内容

欧州・中東・アフリカ地域における日本研究・知的交流を促進するための業務全般(海外及び国内の研究者・研究機関・関連団体等、在外公館、国際交流基金海外拠点および国内部署との連絡調整及び事務手続き、他)

4.契約開始時期および契約期間

  1. (1)契約開始時期:平成30年8月1日以降、できるだけ早い時期(相談に応じます)
  2. (2)契約期間:契約開始日から平成31年3月31日まで
    ※勤務状況等により契約を更新する場合があります。ただし、最長で初回契約日から5年間を上限とします。

5. 勤務場所

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)日本研究・知的交流部
東京都新宿区四谷4-4-1アクセス
(東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅徒歩3分)

6.応募資格

以下の(1)~(3)のすべてを満たす者

  1. (1)国内または海外の4年制大学卒業以上の学歴を有する者
  2. (2)公的機関または民間企業等において3年以上の実務経験を有する者
  3. (3)内外の研究者や研究機関、関連団体等との実務的な連絡を日常的に行うため、日本語と英語による業務を支障なく遂行できる者(各種事業に係る企画立案力、外部との折衝・コミュニケーション能力を有すること)
  • ※大学・大学院等において、欧州・中東・アフリカ地域の社会、言語、文化、政治等を専攻した経験や、同地域における実務もしくは留学・研究滞在の経験を有していることが望ましい。

7.勤務条件・待遇

以下の (1) ~ (4) を満たす者とします。

  1. (1)給与:当基金規程による。
    • 基本手当:月額22万5千円~25万円の範囲内で実務経験等に応じて決定
    • その他諸手当(通勤手当、特別手当(年2回)、時間外手当)あり
  2. (2)福利厚生:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に加入
  3. (3)勤務日・勤務時間:月曜日から金曜日まで週5日、9時30分~18時まで(休憩時間は12時30分~13時30分)。休日は、土曜日・日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)。
    ※ただし、業務上の必要により、時間外勤務や休日勤務を命ずる場合があります。
  4. (4)その他の勤務条件:当基金の定めるところによる。

8.応募手続

下記(1)の提出書類を(2)の宛先に送付してください。

  1. (1) 提出書類
    1. ア.履歴書 (市販のもの)
      氏名(ふりがな付き)、連絡先(自宅住所、自宅及び携帯電話番号、電子メールアドレス)、現在の職業あるいは勤務先名、学歴、職歴、PCスキル、語学学習歴、海外渡航歴、賞罰を明記してください。また、必ず顔写真を添付してください。
    2. イ.志望理由書
      A4版用紙1~2枚程度 (ワープロ打ち) で、志望理由、これまでの実績や専門、特に関心を持ってきたこと等、自身を自由にアピールしてください。
  2. (2)宛先
    〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
    国際交流基金日本研究・知的交流部 欧州・中東・アフリカチーム
    嘱託採用担当
    ※封筒に、朱書きで「日本研究・知的交流部嘱託応募書類在中」と明記してください。
  3. (3)応募締切
    平成30(2018)年7月17日(火曜日)必着
    ※応募書類は郵送のみ可とし、ファックスや電子メールによる提出は受理しません。また、応募書類は返却しません。

9.選考および日程

  1. (1)第一次選考(書類審査)
    提出された応募書類に基づき審査を行います。結果は、7月19日(木曜日)に電子メールにより通知します。
  2. (2)第二次選考(面接)
    第一次選考合格者に対し7月24日(火曜日)に面接選考を実施する予定です。日時は、原則として当基金が指定します。選考結果は、面接終了後1週間以内に通知します。なお、第二次選考のための旅費・交通費等は自己負担とし、当基金は負担しません。
  • ※内定後に履歴書に記入した全ての大学・大学院について、卒業証明書を提出していただきます。
  • ※採用後の担当業務は特定の言語地域に限定されません。

10. 連絡先(問い合わせ先)

国際交流基金 日本研究・知的交流部 欧州・中東・アフリカチーム 嘱託募集担当
電話:03-5369-6071 ファックス:03-5369-6041
Eメール:oca@jpf.go.jp
※必ず題名に「嘱託募集」と入れてください。
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る