本文へ

海外における日本語教育事業の概要

海外における日本語教育事業の概要の画像

1 海外における日本語普及のための基盤・環境の整備


日本語を世界のどこにおいても学びやすく、教えやすくすることで、さらに多くの人々が学ぶ言語となるよう、日本語教育環境の構築、整備に向けた事業を行っています。参照

1-1 「JF 日本語教育スタンダード」の推進


日本語の教え方、学び方、学習成果の評価の仕方を考えるツール「JF 日本語教育スタンダード」を開発し、海外における日本語教育の基盤整備に向け、活用を進めています。

1-2 JF日本語講座


「JF日本語教育スタンダード」に準拠した新しいタイプの日本語講座を実施し、より学びやすく、教えやすい日本語の学習モデルを提示します。また言葉と文化の総合学習を重視し、日本語教育を通じた相互理解を推進します。

1-3 インターネットを活用した教育ツール


日本語教師向けに、日本語教材作成のための素材を提供し、教師間の情報交換を支援するウェブサイトを運営しています。また、学習者向けに、それぞれの学習目的に応じて利用できるウェブサイトを運営しています。

1-4 日本語能力試験


日本語を母語としない人を対象とした日本語能力試験を世界各国・地域で実施しています。小学生から社会人まで幅広い層の受験者によって、日本語の実力測定のため、就職や昇進のため、大学等への入学のためと、さまざまに活用されています。
プラス

2 国・地域別事情に応じた日本語普及


日本語教育の行われている国や地域の教育環境、学習者の目的、日本語を普及する上での課題はきわめて多様です。
それぞれの国や地域の事情に合った日本語教育の支援を進めています。参照

2-1 日本語専門家の海外派遣


国際交流基金から派遣した日本語専門家が世界各地の日本語教育の第一線で活躍しています。日本語学習が各地で安定的に進められ、将来的に現地の人材・資源により自立して行われていくことが、派遣の最終的な目的です。

2-2 日本語教育支援プロジェクト


世界各地の中核的日本語教育機関から成る「JF にほんごネットワーク」を活用し、国・地域全体に波及効果の高い事業を実施・支援する「さくら中核事業」、そして各地の多様なニーズにきめ細かに対応する「日本語普及活動助成」を有機的に運用し、世界の日本語教育の振興を図っています。

2-3 海外の教師や学習者を対象とした研修


各国・地域の日本語教育における指導的立場の人材から教授経験の浅い教師まで、さまざまな教師向けの研修と、諸外国の外交官・公務員、研究者、大学院生等に対する専門日本語研修、大学生や高校生等の日本語学習者訪日研修を実施しています。

2-4 経済連携協定(EPA)に基づく看護師・介護福祉士候補者の日本語教育


インドネシア、フィリピンの看護師・介護福祉士候補者に対する来日前の日本語予備教育事業を実施しています。日本語の授業を始め、日本の社会・生活習慣に関する社会文化理解プログラム、自律学習支援などを行っています。

  • 1.日本語を勉強するベトナム人の中学生の写真
  • 2.看護師・介護福祉士候補者のための日本語教育/フィリピンでの授業風景の写真
    1.
    日本語を勉強するベトナム人の中学生 参照 2. 看護師・介護福祉士候補者のための日本語教育/フィリピンでの授業風景 参照 3.シンポジウム「東南アジアにおける日本語教育の連携」 4. 和太鼓の授業を受ける関西国際センターの研修生 参照 5. 海外日本語教師短期研修書道デモンストレーション 参照 6. 第53回外国人による日本語弁論大会入賞者 7. 米国JET 記念高校生招へいプログラムの一環で開催された「日米高校生サミット in 陸前高田2012」参照
  • 3.シンポジウム「東南アジアにおける日本語教育の連携」,4.和太鼓の授業を受ける関西国際センターの研修生の写真
  • 5.海外日本語教師短期研修書道デモンストレーション,6.第53回外国人による日本語弁論大会入賞者,7.米国JET 記念高校生招へいプログラムの一環で開催された「日米高校生サミットin 陸前高田2012」の写真