本文へ

文化芸術交流 Arts and Cultural Exchange

文化芸術交流事業の概要

1 多様な日本の文化・芸術の海外への紹介

伝統芸能から現代アートまで幅広く、また衣食住の生活様式や価値観まで、多様で豊かな日本の文化芸術を、公演・実演・ワークショップ、展覧会、映画・テレビ、翻訳・出版、講演・対話等の形で、世界の人々に紹介します。各地域・国の状況や需要に照らして事業計画を立て、特定の地域・国に向けては特に重点的かつ集中的に、広く世界各地に向けては継続的かつ効率的に、日本文化の紹介を進めています。更に、日本の文化芸術に関係する基礎情報を、ウェブサイト等を通じて世界に常時発信しています。参照

1-1
外交上重要な機会、
地域・国への重点的な対応
1-2
広く全世界に向けた継続的な
事業展開
プラス

2 文化・芸術を通した世界への貢献

国を超えた専門家同士の交流や共同制作、共同作業を地道に積み重ねることで、文化芸術の各分野で強固なネットワークを構築します。また、日本の持つ経験と知見を活かして相手国が必要とする専門的な人材の育成を支援し、国際文化交流が持続するための基盤を整えます。更に、災害復興、環境、平和構築、文化遺産の保護・活用など世界共通の課題について、文化や芸術を通して、日本と外国の人々が共に考え、共感を深める場を作り出します。参照

2-1
双方向型、
共同作業型の交流事業
2-2
世界共通の課題への取組み

3 中国との青少年交流

日本と中国の未来を担う青少年を中心とした交流活動を促進し、お互いの生活や文化を体験する機会を提供することで、両者の相互理解を促し、より深く息の長い「心と心のつながり(=心連心)」を築いていくことを目指して、双方向性と協働性を重視した事業を実施しています。参照

  • 世界各地で実施された文化芸術交流事業の写真1
  • 世界各地で実施された文化芸術交流事業の写真2