本文へ

3つの交流事業

文化[文化芸術交流]
多様な日本の文化・芸術の海外への紹介

国際相互理解の増進のため、伝統芸能から現代アートまで多様な日本文化の魅力を、公演、ワークショップ、展覧会、翻訳・出版、講演等、さまざまな形で世界の人々に向けて紹介しています。

日本祭り開催支援事業

海外で開催される日本祭りに公演団等を派遣する新規事業をスタート。2015年度は中国、韓国、米国、ブラジルで実施しました。特に中国では、日中交流集中月間に和太鼓や民俗芸能、NHK交響楽団等による多くの公演を行い、文化交流の重要性を両国にアピールするものとなりました。

日本祭り開催支援事業の写真1
クリヤ・マコト − クリエイティブ・ジャズ・アンサンブル・ジャパン ブラジル5都市公演
(2015年8月19日〜8月28日)

日本祭り開催支援事業の写真2
中国における秋祭り
ダイアナガーネット出演(2015年10月24日)

村上春樹を『観る』・『聴く』・『語る』

村上春樹氏の文学作品をテーマに、演劇(観る)、コンサート(聴く)、シンポジウム(語る)の構成で、シンガポール、ソウルにおいて複合的にイベントを実施。総入場者数は11,415人にのぼり、日本でもコンサートの凱旋公演を開催しました。

村上春樹を『語る』 in シンガポール の様子の写真
村上春樹を『語る』 in シンガポール
(2015年10月31日~11月1日)

米国における3つの大型美術展

ロサンゼルス・カウンティ美術館、ダラス美術館、フリーア│サックラー美術館にて、日米の学芸員による共同企画で日本美術の展覧会を行いました。総入場者数は、221,143人を数え、多くの来場者が日本文化に直接触れる機会を創出しました。
写真提供 :国立スミソニアン協会 フリーア│サックラー美術館

「宗達:創造の波」展 の会場の写真
「宗達:創造の波」展
(2015年10月24日~2016年1月31日)

ロシアにおける日本文化紹介

サンクトペテルブルク・エルミタージュ美術館とモスクワ・プーシキン美術館で、千利休の「わび」の精神を具現化した茶器として焼き継がれる、樂茶碗の名品を集めた展覧会を実施。また、能の公演、裏千家による茶道のレクチャー・デモンストレーションも併せて行い、のべ158,400人の入場者を集めました。

「樂-茶碗の中の宇宙」展 展示物の写真
「樂-茶碗の中の宇宙」展
(2015年7月11日~11月15日)

第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展

2年に一度開催される国際美術展の日本館展示を主催。各国パビリオンの中でも指折りの人気を博し、会期中の日本館入場者は40万人を超えました。

第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 塩田千春 ≪掌の鍵≫-The Key in the Hand- 展示風景の写真
塩田千春 ≪掌の鍵≫
The Key in the Hand- 展示風景
(2015年5月9日~11月22日)