本文へ

3つの交流事業

言語[海外における日本語教育]
日本語の国際化推進のための基盤・環境の整備

世界のどこにいても日本語学習を長く継続できるよう、また日本語がより教えやすくなるよう、日本語の教え方、学び方、学習成果の評価の仕方を考えるツールを独自に開発すると共に、教材制作、日本語能力試験の実施、日本語教育に関する調査・情報の提供等の事業を実施しています。

教授法の開発、教材・教育ツールの制作・提供

JF日本語教育スタンダード」(P.18参照)に準拠する日本語教材をはじめ、eラーニングサイト、映像・WEB教材等、インターネットや映像も活用し、教材の制作・普及に取り組んでいます。

『まるごと 日本のことばと文化』開発・出版

『まるごと 日本のことばと文化』は、「JF日本語教育スタンダード」準拠のコースブック。主なターゲットである海外の成人学習者が、日本語と日本文化を楽しみながら学べる内容と学習方法を盛り込んでいます。2015年度は、活用法を紹介するセミナーの開催、各国版の副教材の制作等も行いました。

日本語学習プラットフォーム「みなと」の開発

eラーニング事業を推進するため、日本語学習コースを運営する学習管理システム「みなと」の制作を開始しました。このシステムを活用し、2016年夏から入門者向けオンライン日本語コース「まるごとコースA1」等を開始する予定です。

HIRAGANA/KATAKANA Memory Hint」の開発・公開

イラストを見ながら、ひらがなとカタカナが学習できる無料のモバイルアプリケーション「HIRAGANA Memory Hint」「KATAKANA Memory Hint」の英語版、インドネシア語版、タイ語版を開発し、8月から順次公開しました。3言語6アプリの累計ダウンロード数は2015年度末までに約23,000件を記録しています。

日本語コースブック『まるごと 日本のことばと文化』の写真
日本語コースブック『まるごと 日本のことばと文化』

日本語能力試験の実施

日本語を母語としない人を対象とした世界最大規模の日本語能力試験を1984年から実施しています。オランダ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、コスタリカの3ヵ国、さらにマンダレー(ミャンマー)、シャンティニケタン(インド)等10都市で新規に試験を実施し、国内*を含む全世界合計69ヵ国・地域、264都市と実施国・都市数を拡大。総受験者数は652,519*人に達しました。
*日本国内での試験は、共催者である公益財団法人日本国際教育支援協会が実施。

ヴェネチアで行われた試験の様子の写真
ヴェネチアで行われた試験の様子
(2015年12月試験)

JF講座の運営

日本語能力のとらえ方、レベル設定、目標設定や評価方法等において、「JF日本語教育スタンダード」に準拠した日本語講座を実施しています。多彩な日本文化体験や交流プログラムを取り入れ、より学びやすく、教えやすい日本語学習のモデルを提示しています。受講者は年々増加しており、2015年度は28ヵ国・地域、31都市で実施、のべ19,542人が受講しました。

文化日本語講座の様子(ソウル)の写真
沖縄の伝統芸能を講師と共に楽しむ
文化日本語講座の様子(ソウル)

日本語教育機関調査

海外の日本語教育の現状を正確に把握するため、国際交流基金の海外事務所、在外公館、その他関連機関の協力を得て、「2015年海外日本語教育機関調査」を203ヵ国・地域で実施しました。

JF日本語教育スタンダード」の活用推進

言語を使って何ができるかという「課題遂行能力」と、お互いの文化を理解し尊重する「異文化理解能力」の育成を目指し、「JF日本語教育スタンダード」(以下、JFスタンダード)を開発し、2010年に発表しました。JFスタンダードにより他の言語と共通の尺度で日本語をとらえることができます。その活用推進に向け、国内外のセミナー・研修会等での情報提供、共同研究へのサポート等を行っています。2015年度は、JFスタンダード紹介パンフレットを多言語化した他、JFスタンダードのウェブサイトに公開しているロールプレイテストのマニュアル改訂等を実施しました。また、日本語の熟達度を「~できる」という形式で示したデータベース「みんなの「Can-do」サイト」には新たなCan-doを追加すると共に、機能の改善にも取り組み、サイト登録者数は4,234人となりました。

(画像をクリックすると拡大表示されます)
コミュニケーションに必要な力を表したJFスタンダードの木の画像
コミュニケーションに必要な力を表したJFスタンダードの木

「JFスタンダード紹介パンフレット」英語版の写真
JFスタンダード紹介パンフレット」英語版
(この他スペイン語版も作成)


(画像をクリックすると拡大表示されます)
JFスタンダードの6つのレベルとCan-doの例の画像
JFスタンダードの6つのレベルとCan-doの例