ホーム > 文化芸術交流 > 人物交流 > 海外の文化人を日本に招く事業 > 平成19(2007)年度 文化人短期招へい

文化芸術交流 > 人物交流

平成19(2007)年度 文化人短期招へい

文化人短期招へい
時期 2007年5月18日 金曜日 から 6月1日 金曜日
招へい者 山本みち子
現職 映画脚本家
国名 フィリピン
概要 ジャパニーズ・フィリピーノ・チルドレンに関する新作映画脚本のためのリサーチ、取材。

時期 2007年7月1日 日曜日 から 7月15日 日曜日
招へい者 ゴドフリー・ムワンペンブワ
現職 社説漫画家
国名 ケニア
概要 日本の漫画、アニメ事情の視察及び関係者との意見交換。日本の一般事情の視察。
*ケニア漫画家によるミニ・レクチャー「アフリカの民主化における漫画 ―報道の自由と風刺漫画―」
日時:7月13日 金曜日 19時 会場:ジャパンファウンデーション JFICコモンズ

時期 2007年8月20日 月曜日 から 8月26日 日曜日
招へい者 アーラック・サンヒタクン
現職 文化省芸術局局長
国名 タイ
概要 芸術・文化関係者との意見交換、博物館など各種文化施設訪問、文化財の保存関係活動の視察。

時期 2007年9月2日 日曜日 から 9月16日 日曜日
招へい者 メルマス・ムワンソコ
現職 タンザニア情報・文化・スポーツ省文化局長
国名 タンザニア
概要 伝統文化から現代文化まで多様な日本文化を体験する。タンザニアに関心を持つ日本人や日本で活躍するタンザニア文化人等と日・タンザニア文化交流のあり方について意見交換を行なう。

時期 2007年10月2日 火曜日 から 10月16日 火曜日
招へい者 ロスリシャム・イスマイル
現職 現代美術家
国名 マレーシア
概要 現代美術に特化した美術館、ギャラリーの訪問、アーチティスト・イン・レジデンスプログラム実施の訪問、同世代のアーチスト・キュレーターとの面談。

時期 2007年10月2日 火曜日 から 10月21日 日曜日
招へい者 フェルナンド・エンリケ・ウレニャ・リブ・フェルナンド
現職 画家、彫刻家、作家
国名 ドミニカ
概要 わが国の画家や作家との面談。芸術・美術関連大学等の訪問。日本の伝統的文化・都市の視察。

時期

2007年10月3日 水曜日 から 10月17日 水曜日

招へい者 リンチン・ガンバト
現職 作家
国名 モンゴル
概要 日本の文学関係者、モンゴル研究者との懇談、モンゴル文学に関する講演の実施、著作日本関連小説の続編執筆のための資料収集。
*講演会「文学から見たモンゴルと日本」
日時:10月16日火曜日 13時10分から14時40分
会場:東京外国語大学本部管理棟2階中会議室(府中キャンパス)

時期 2007年10月21日 日曜日 から 10月27日 土曜日
招へい者 ロマン・モトゥリスキー
現職 国立図書館館長
国名 ベラルーシ
概要 日・ベラルーシ双方の中央図書館の交流の拡大。ベラルーシの図書館実務者の対日関心の強化。

時期

2007年10月23日 火曜日 から 11月4日 日曜日

招へい者 ロドリゴ・レイ・ロサ
現職 作家
国名 グアテマラ
概要 日本の伝統、現代文化の視察、日本の文学者との交流、講演会や研究セッションの実施。日本での滞在経験を将来の創作活動に生かす。
日本の漫画、アニメ事情の視察及び関係者との意見交換。日本の一般事情の視察。
*講演会「イスパノアメリカ現代小説への一つの視点」
日時:11月1日 木曜日  会場:東京大学教養学部18号館ホール

時期

2007年10月29日 月曜日 から 11月11日 日曜日

招へい者 ドーリス・クリストフ
現職 デュッセルドルフK21 ノルトライン・ウェストファーレン州立美術館キュレーター
国名 ドイツ
概要 日本各地の現代美術を扱う主要な美術館を訪問し、責任者やキュレーター、芸術家との意見交換を行なう。

時期

2007年11月4日 日曜日 から 11月18日 日曜日

招へい者 ダリオ・アキレス・エラウケ
現職 国立人類学歴史学研究所所長
国名 ホンジュラス
概要 日本のラテンアメリカ史、考古学、人類学等の研究者との面談、及び研究機関・歴博・民博等ミュージアムの訪問。日本の伝統文化・都市の視察。

時期

2007年11月11日 日曜日 から 11月19日 月曜日

招へい者 アナ・パウラ・パドロン・ムンデル
現職 SBTブラジルテレビシステムアンカー兼編集長
国名 ブラジル
概要 2008年日伯交流年に向けての日本文化の現状取材、最新の文化情報テレビ番組の特別企画をシリーズで編成するための準備。

時期

2007年11月15日 木曜日 から 11月29日 木曜日

招へい者 アジア大洋州映画祭関係者グループ
現職  
国名 インドネシア、フィリピン、インド、オーストラリア
概要 インドネシア、インド、オーストラリア、フィリピンにおける国際映画祭のプログラム責任者を選抜し、日本及びアジア大洋州域内の映画関係者とのネットワーク作りを行なうとともに相互理解醸成を図る。

時期

2007年11月23日 金曜日 から 12月2日 日曜日

招へい者 ジャネット・ハケット
現職 カーティン工科大学学長
国名 オーストラリア
概要 日本の大学の国際化に対する取り組みを視察し、大学長等と面談を行なう。日本における女性の労働事情、とりわけ学術機関における女性の役割等を視察し、女性研究員と面談する。

時期

2007年12月1日 土曜日 から 12月15日 土曜日

招へい者 マルセーロ・カルネイロ・ダ・クーニャ
現職 プラノ・トリオ・コミュニケーション社共同経営者、作家
国名 ブラジル
概要 日本の文学、文化、習慣、特に現在の社会問題、社会現象に関するインタビューや取材。

時期

2007年12月5日 水曜日 から 12月18日 火曜日

招へい者 ジョン・マックスウェル・クッツェー
現職 作家、アデレード大学名誉研究員
国名 オーストラリア
概要 2003年度のノーベル文学賞受賞者であるクッツェー氏を招へいし、日本の文化・社会を直接視察する機会を提供するとともに、日本の文学者、文芸評論家等との面談を行なう。
*2003年ノーベル文学賞受賞作家J.M.クッツェー氏の自作朗読会
日時:12月17日 月曜日  会場:東京大学大学院総合文化研究科 18号館ホール

時期

2008年1月15日 火曜日 から 1月25日 金曜日

招へい者 バージュ・フセイン
現職 中東工科大学経済行政学部国際関係学科教授、副学科長
国名 トルコ
概要 日本の外交政策、安全保障に関する関係者(外務省、防衛庁、シンクタンク等)との面談、及び日本文化事情の視察。

時期

2008年1月22日 火曜日 から 2月2日 土曜日

招へい者 クリス・ロビンソン
現職 オタワ国際アニメーションフェスティバル芸術監督
国名 カナダ
概要 日本の映画関係者、特に広島国際アニメーションフェスティバル事務局等アニメーション分野の関係者との面談、人的ネットワークの構築。

時期

2008年2月13日 水曜日 から 2月27日 水曜日

招へい者 ディアナ・ウリベ
現職 コロンビア第一ラジオジャーナリスト、歴史学者
国名 コロンビア
概要 日本の歴史及び日本についての理解を深める。日本の歴史家、経済・政治学者の他、日本を代表する思想家との面談。

時期

2008年2月21日 金曜日 から 3月6日 木曜日

招へい者 ゾラン・マリッチ
現職 コンサートプロモーター
国名 クロアチア
概要 日本の海外公演可能団体の視察。

時期 2008年2月23日 土曜日 から 3月2日 日曜日
招へい者 マイケル・チェイズ
現職 パリ市立劇場
国名 フランス
概要 日本の舞台芸術関係者との交流。

時期

2008年3月1日 土曜日 から 3月8日 土曜日

招へい者 ナレンダラ・ジャダヴ
現職 プーネ大学副学長
国名 インド
概要 2006年夏に副学長に就任したばかりの同氏を日本に招へいし、日本及び今後の日印関係を見据えた日本語教育の重要性理解の場を提供。

時期

2008年3月2日 日曜日 から 3月12日 水曜日

招へい者 フン・キム
現職 作家
国名 韓国
概要 日本の作家やジャーナリストとの対話、意見交換。

時期

2008年3月2日 日曜日 から 3月16日 日曜日

招へい者 アムナ・クスモ
現職 クローラ財団ディレクター
国名 インドネシア
概要 日本の舞台芸術、及びアーツ・マネジメント関係者との懇談、人脈形成。

時期

2008年3月3日 月曜日 から 3月14日 金曜日

招へい者 リカルド・タナカ・ゴンドウ
現職 ペルー問題研究所所長
国名 ペルー
概要 学識者との交流、日本とペルーの政党政治の比較、日本社会・文化の理解促進。

時期

2008年3月20日 木曜日 から 3月25日 火曜日

招へい者 アブレウ・ホセ・アントニオ
現職 ベネズエラ青少年児童交響楽団代表
国名 ベネズエラ
概要 日本の青少年交響楽団、主要音楽事務所等と意見・情報交換を行うとともに、日本のプロフェッショナルな交響楽団の視察及び日本の小中学校等基礎教育現場における音楽教育事情を見聞する。

このページの先頭へもどる