ホーム > 文化芸術交流 > お知らせ > BATIK欧州公演

文化芸術交流> お知らせ

BATIK欧州公演

BATIK欧州公演

PHOTO:斉藤功一郎

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2007年度の海外公演主催事業として、日本のコンテンポラリーダンスを代表する若手グループのひとつである「BATIK」を、欧州5都市に派遣します。

ロンドンとコペンハーゲンではダンス専門劇場にて公演、また、サラマンカとヴェネチアについてはフェスティバルに参加して、欧州のダンス関係者へ日本におけるコンテンポラリーダンスの近年の成果を披露すると同時に、同分野での交流を促進することを目的としています。

日程 2007年6月4日 月曜日 から 6月27日 水曜日
スペイン

【公演】 『Shoku』

6月4日 月曜日

会場:テアトロ・リセオ(サラマンカ)

*サラマンカ・インターナショナル・アーツ・フェスティバル 参加

英国

【公演】 『Shoku』

6月8日 金曜日、6月9日 土曜日 開演: 20時

会場:リリアン・ベイリスシアター(ロンドン)

イタリア

【公演】

6月14日 木曜日 『花は流れて時は固まる』

6月16日 土曜日、6月17日 日曜日 『Shoku』

会場:テアトロ・マリブラン(ヴェネチア)

*ヴェネチア・ビエンナーレのダンス部門 参加

【公演】 『Shoku』

6月22日 金曜日

会場:テアトロ・パラディウム(ローマ)

デンマーク

【公演】 『Shoku』

6月26日 火曜日、6月27日 水曜日

会場:ダンスシーン劇場(コペンハーゲン)

BATIK/バティック プロフィール

BATIK

PHOTO:斉藤功一郎

黒田育世振付による作品創造を中心とし、02年4月設立された女性だけのカンパニー。02年2月の「ランコントル・コレグラフィック・アンテルナショナル・ドゥ・セーヌ・サン・ドニ(旧バニョレ国際振付賞)ヨコハマプラットフォーム」での《ナショナル協議員賞》受賞をきっかけにカンパニーとしての活動を本格化した。

これまでにイギリス「ダンスアンブレラフェスティバル」での公演をはじめ、海外公演も多数行なっている。

主な作品は『SIDE B』、『SHOKU』、『花は流れて時は固まる』、『ペンダントイヴ』

BATIK公式WebサイトLink

黒田育世(くろだ・いくよ) プロフィール

黒田育世

BATIK主宰・振付家・ダンサー

6歳よりクラシックバレエをはじめる。

「谷桃子バレエ団」に所属しながら97年渡英、ラバンセンターにてコンテンポラリーダンスを学ぶ。00年より「伊藤キム+輝く未来」で活動。02年,「BATIK」を設立。同年、ドゥ・セーヌ・サン・ドニ(旧バニョレ)国際振付賞ヨコハマプラットフォームにて《ナショナル協議員賞》を受賞。03年『TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD』にて《次代を担う振付家賞》「オーディエンス賞」を受賞。2004年『花は流れて時は固まる』、『SHOKU』を発表。同年イギリスダンスアンブレラフェスティバルに招へいされる。

最近はソロ作品発表、金森譲率いるNoism05への振付提供や、Josef Nadj振付・演出作品「遊・ASOBU」にダンサーとして参加するなど活動の幅を広げている。

これまでの主な作品は『SIDE B』、『花は流れて時は固まる』、『SHOKU』、『PENDANTEVE』、『モニカモニカ』など。05年朝日舞台芸術賞、キリンダンスサポートをダブル受賞。06年舞踊批評家協会賞受賞。

PANJ Performing Arts Network Japanでは、黒田育世氏へのインタビューを掲載しています。

このページの先頭へもどる