ホーム > 文化芸術交流 > お知らせ > 平成22(2010)年度 > TRANS-CRIOLLA 〜響き合う地平の向こうへ〜 南米帰国公演一夜限りの日本再演

文化芸術交流> お知らせ

TRANS-CRIOLLA〜響き合う地平の向こうへ〜
南米帰国公演  一夜限りの日本再演
松田美緒、ヤヒロトモヒロ、ウーゴ・ファトルーソ


  松田美緒、ヤヒロトモヒロ、ウーゴ・ファトルーソ<br>
TRANS-CRIOLLA 〜響き合う地平の向こうへ〜 
南米帰国公演一夜限りの日本再演

 

画像

ブエノス公演より

提供:セントロ日系

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、建国200周年を迎える南米3カ国(アルゼンチン、ウルグアイ、チリ)、6都市で、松田美緒ヤヒロトモヒロウーゴ・ファトルーソによる公演を行いました。各国を代表する音楽家とともに奏でた音楽は、人びとの心をつなぎ、各地で絶賛をあびました。
その南米公演が、11月10日、日本で再演されます。帰国公演には、いずれも初来日、ウルグアイのカンドンベ・グループ:レイ・タンボール、現代のチリを代表する歌手:フランチェスカ・アンカローラを迎えます。

 

画像

サンティアゴ公演より

Copyright:Pablo Carvacho

ウルグアイ公演でレイ・タンボールとともに奏でたカンドンベのリズムは、ずっしりと心に響き、地元ウルグアイの観客も大きな手拍子と歓声で応えてくれました。カンドンベはアフリカから奴隷として連れてこられた人々が、政府から禁じられながらも続けてきた魂の音楽。本格的なカンドンベのグループが南米大陸を飛び出し、アジアで公演を行うのは初めてのことで、歴史的にも記念すべき機会となります。


チリには、素晴らしい詩と歌の文化が息づいていいます。人々の間で歌い継がれるフォルクローレを、生きた現在の表現として歌い創作する「ヌエバ・カンシオン(Nueva Cancion 新しい歌)」もその1つ。フランチェスカ・アンカローラを迎えたチリ公演では、ヌエバ・カンシオンの代表的な歌い手:ビクトル・ハラの名歌が響き渡り、観客席からのコーラスもあいまって会場全体を包み込みました。ソウルフルな2人の歌声は、日本の皆さまの心にもきっと、熱い思いを届けてくれることでしょう。
アルゼンチン公演を経て、『Las Golondrinas(つばめ)』などのアルゼンチンの名曲にも、アルゼンチンの風と魂が吹き込まれ、より一層人びとの心に響く演奏をお届けできることと思います。1日限りのスペシャルコンサート会場で、皆さまにお目にかかれることを心より楽しみにしております。
 

日程 2010年11月10日 水曜日 18:00開場 18:30開演
会場 HAKUJU HALL Access
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-37-5 (株)白寿生科学研究所本社ビル
Tel:03-5478-8867
代々木公園駅(千代田線)または代々木八幡駅(小田急線)から徒歩5分
チケット 前売り 3,000円、当日3,500円 (税込み) 全席自由

主催 ジャパン・ファウンデーション

協賛 Hakuju Hall / 株式会社 白寿生科学研究所

チケット
お問い合わせ
Votre(ヴォートル)チケットセンター
Tel: 03-5355-1280

 

【参考情報】

【公演曲目(一部)は、こちらからご覧いただけます。】


■関連イベント

【カンドンベ・ワークショップ 】
日程:2010年11月11日 木曜日
会場:
東京藝術大学 特別講義 ※東京藝術大学学生対象
主催:ジャパン・ファウンデーション、東京藝術大学


【千住で聴く世界の音楽第1回 南米の音楽 ウルグアイのカンドンベとチリの歌 】
日程:2010年11月12日 金曜日 18:00開場 18:30開演
会場:東京藝術大学アートリエゾンセンター Access
主催
:ジャパン・ファウンデーション、東京藝術大学アートリエゾンセンター
共催:足立区教育委員会
お問い合わせ:
東京藝術大学アートリエゾンセンター
Tel: 050-5525-2744

 

出演者プロフィール

■松田 美緒

公式WebサイトLink

松田 美緒

Copyright:板垣 真理子

秋田生まれ。ポルトガルのファドに自己表現の形を見出し、2003年、リスボンに留学。ファド、ポルトガル語圏の様々な音楽文化を習得し、カーボ・ヴェルデに歌手として滞在する。大西洋の音楽世界をテーマに、ブラジルのショーロの音楽家と作った「アトランティカ」(2005)でビクターよりCDデビュー。以後、「ピタンガ!」(2006)、「アザス」(2007)をブラジルで録音。アルゼンチン、ベネズエラなど現在はスペイン語圏にも本格的にその世界を広げ、現地のミュージシャンとセッションを重ねる。2010年にはウルグアイの巨匠ウーゴ・ファトルーソ(Pf)、ヤヒロトモヒロ(Per)と共に作り上げた「クレオールの花」を発表。在日地球人として、国境を軽々と越え続けるそのスケール感は圧倒的。確かな歌の力で世界をつなぐ、その歌声には、彼女の旅する様々な地域の魂が宿っている。

 

■ヤヒロ トモヒロ

公式WebサイトLink

ヤヒロ トモヒロ

Copyright:中垣 哲也

少年時代の10年間をカナリア諸島、グラン・カナリアのラスパルマスで育ち、そこでドラムパ−カッションを始めた打楽器奏者。帰国後1980年プロ・デビュー。 以来、山下洋輔、向井滋春、渡辺香津美、板橋文夫、梅津和時ら、多くのジャズ界を代表するミュ−ジシャンとの共演の他、アフロファンクバンド「じゃがたら」や「エスケン&ホットボンボンズ」のレギュラ−サポ−トを務める。また、久石譲、武満徹、小野リサ、吉田美奈子、大貫妙子、さだまさし、加藤登紀子、cobaなどのコンサートやツアーに参加、ジャンルの枠を超えた幅広いフィ−ルドで活躍。
現在のレギュラー活動は、GAIA CUATRO、DOS ORIENTALES(Duo:ウーゴ・ファトルーソpf)、グラストン・ガリッツァDuo、タイロン橋本Duo、中村善郎Duo、等、多々あり。

 

■ウーゴ・ファトルーソ (Hugo Fattoruso) 

公式Webサイト(英語)Link

ウーゴ・ファトルーソ

Copyright:板垣 真理子

1943年モンテビデオ生まれのアコーディオン&ピアノ奏者、歌手。アルゼンチンではビートルズ・スタイルのロス・シェイカーズで成功、アメリカでは伝説のフュージョン・バンド「OPA」で活動、ブラジルではミルトン・ナシメントやジョイスと共演するなど、本国ウルグアイのみならず幅広い活動で国際的に知られている。ウルグアイのアフリカ系音楽カンドンベにも造詣が深く、自己のバンド「レイ・タンボール」ではシンプルな編成でカンドンベの真髄を伝える。ここ数年、ヤヒロトモヒロとのデュオ「ドス・オリエンタレス」、松田美緒との「クレオールの花」ツアー等で毎年日本を訪れており、その間に行われた金子飛鳥率いる飛鳥ストリングスとの共演ライヴも「ENCUENTRO」としてアルバム化されている。

 

スペシャルゲスト プロフィール

 

■レイ・タンボール (Rey Tambor)

公式WebサイトLink

レイ・タンボール

Copyright:Artist

ウーゴ・ファトルーソの指揮のもと活動する、ウルグアイのアフロ系音楽カンドンベのエッセンスである大中小3種の太鼓(タンボール・ピアノ、チコ、レピーケ)の名手によるユニット。メンバーはディエゴ・パレーデス(Diego Paredes)、フェルナンド・ヌニェス(Fernando Nunez)、ノエ・ヌニェス(Noe Nunez)の3名で、ヌニェス兄弟の父はウルグアイきっての太鼓演奏・制作の名人フェルナンド・ロボ・ヌニェスである。レイ・タンボールはウーゴ・ファトルーソとともに数多くのステージや海外公演も行ない、広くカンドンベ・リズムの真髄を伝えている。これまでに3枚のアルバムを発表、レイ・タンボールの3名は今回が初来日である。

My space: http://www.myspace.com/reytambor#ixzz0uyI3Y500

 

■フランチェスカ・アンカローラ (Francesca Ancarola)

公式Webサイト(スペイン語)Link

フランチェスカ・アンカローラ

Copyright:Artist

チリの首都サンティアゴ生まれの歌手・作曲家。自国の重要アーティストであるビオレータ・パラやビクトル・ハラはもちろん、ブラジル、キューバ、ペルーなどの重要アーティストから影響を受けつつも、ジャズ歌手としての活動も長い彼女の作品には、ラテンアメリカのフォルクローレの多彩な魅力と、ジャズのシャープな感覚が交錯している。チリ音楽芸術基金主催による本国と周辺国へのツアー、ブラジル、ポルトガル、フランスのジャズ・フェスティバルに参加、ペドロ・アスナール、アルマンド・マンサネーロといった現代の大物アーティストとの共演も数多く、ニューヨークのメディアでも取り上げられており、世界的に注目を集めている新世代のチリを代表する歌手の一人で今回が初来日。2005年にはビクトル・ハラへのトリビュート・アルバムを発表し高い評価を得ており、2008年の最新作「アルージョス」は、今年10月に初来日を果たしたアルゼンチンのピアニスト、カルロス・アギーレとの共演である。

My space: http://www.myspace.com/francescaancarola

 

 

■ お問い合わせ
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 
文化事業部 舞台芸術チーム(担当:前田 佳子)
Tel. 03-5369-6063 Fax. 03-5369-6038

 

このページの先頭へもどる