アジア文化交流強化

交流や共同作業を通じて、アジアに住む人々の間に、ともに生きる隣人としての共感・共生の意識を育むことを目指し、文化・芸術、スポーツから日本語教育、学術まで、様々な分野で事業を実施します。

※ 平成30年度公募プログラムの申請受付は、以下のプログラムを除き終了しました。平成31年度募集については、2018年秋頃掲載予定です。

1-(1)“日本語パートナーズ”派遣事業(アジアセンター 日本語事業第2チーム)

ASEAN諸国を中心とするアジアの主として中等教育機関に、現地日本語教師・学習者を支援する人材“日本語パートナーズ”を派遣し、現地日本語教師の教育活動を支援するとともに、教室内外の学習者の支援や文化交流を通して、日本語と日本文化の魅力を伝えることを目的としています。

“日本語パートナーズ”派遣詳細(アジアセンターサイト)

2017年9月15日更新

申請資格 国内 可能
海外 不可
団体 不可
個人 可能
申請要領・申請書・
その他関連資料ダウンロード
  1. (1)募集要項、応募用紙は、募集の詳細が決まり次第、国際交流基金アジアセンターのウェブサイトに掲載します。
  2. (2)派遣地域や派遣期間は予定です。変更となる場合がありますので、ご注意ください。

1-(2)大学連携日本語パートナーズ派遣事業(アジアセンター 日本語事業第2チーム)

日本とアジアとの文化交流の促進・強化を目指し、日本国内の大学等で日本語教育を専攻する学生を、ASEANを中心とするアジアにおける高等教育機関等にインターン(大学連携日本語パートナーズ)として派遣し、現地日本語教師・学習者を支援するとともに、現地の人々との相互理解を促進し、深めることを目的としたプログラムです。

2017年9月15日更新

申請資格 国内 可能
海外 不可
団体 可能(日本語教師養成課程を有する日本国内の大学・大学院・短期大学)
個人 不可
申請書提出期限(必着) 2017年12月1日
申請書略号 AC-IP
申請要領・申請書・
その他関連資料ダウンロード

2 アジア・市民交流助成(アジアセンター 文化事業第2チーム)

日本とASEAN諸国を中心とするアジアとの交流の裾野を広げ、相互理解や友好親善を促進するために、市民レベル・地域レベルの交流事業を実施する日本国内の団体を対象に、経費の一部を助成します。

2017年9月15日更新

申請資格 国内 可能
海外 不可
団体 可能
個人 不可
申請書提出期限(必着) 第1回:2017年12月1日
第2回:2018年6月1日
申請書略号 AC-PP
申請要領・申請書・
その他関連資料ダウンロード
参考情報等 採択事業一覧、よくある質問についてはアジアセンターウェブページをご覧ください。

3 アジア・文化創造協働助成(アジアセンター 文化事業第2チーム)

日本とASEAN諸国を中心とするアジアの人々のアイデンティティと多様性を尊重しあい、ともにアジアの新たな文化を創造していくことを目指し、 さまざまな分野の専門家・専門機関が取り組む協働事業及びその成果発信事業について、経費の一部を助成します。

2017年9月15日更新

申請資格 国内 可能
海外 可能
団体 可能
個人 不可
申請書提出期限(必着) 第1回:2017年12月1日
第2回:2018年6月1日
申請書略号 AC-CC
申請要領・申請書・
その他関連資料ダウンロード
参考情報等 採択事業一覧、よくある質問についてはアジアセンターウェブページをご覧ください。

4 アジア・フェローシップ (アジアセンター 文化事業第2チーム)

日本及びASEAN諸国において、国の枠を超えた共同/協働事業を担い、活躍する人材を育成するために、一定の期間、自国外に滞在して活動を行なう個人に対して、フェローシップを提供します。専門・関心分野に関する調査・研究・創作活動やネットワーク・プラットフォームの構築等を目的とした活動を支援します。

2017年9月15日更新

申請資格 国内 可能
海外 可能
団体 不可
個人 可能
申請書提出期限(必着) 第1回 2017年12月1日
第2回 2018年6月1日
申請書略号 AC-FS
申請要領・申請書・
その他関連資料ダウンロード
参考情報等 フェロー一覧、よくある質問についてはアジアセンターウェブページをご覧ください。
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る