アジアの漫画・コミック アジアINコミック2002

こちらの事業は、旧機構時のものです。
お問い合わせは、E-mail までご連絡ください。

アジアINコミック2002

最新情報(2002年3月20日)

1.趣旨

近年アジア各国のポップ・カルチャーの発展がさかんに宣伝されていますが、その中でコミックが重要な位置を占めています。日本からの大きな影響を受けたアジアのコミック文化は多様なポップ・カルチャーと融合し、いまや国境を越えたグローバルな広がりと、各国独自の文化によりローカライズされたオリジナリティーを獲得しつつあります。かかる現状に鑑み、平成13年度は、マレーシア、タイ、韓国、日本の4カ国のアート系コミック作家と彼らの作品を生み出す文化・社会的背景を取上げ我が国に紹介します。

2.内容

(1)日時:平成14年2月16日(土)

セッション1:「アジア・コミック・カルチャー最新事情」14:00~17:00

各国のコミック・カルチャーに係る編集者・プロデューサーをパネリストに、これまで行なってきた自分自身の活動とその活動のバックグランドに加え、自国のコミック・カルチャー最新事情を発表します。

イ.パネリスト: 久保田滋夫(小学館月刊サンデーGX編集部編集長/日本
キム・スンヒョン(Artpd. Net代表)/韓国
アグステ・クアン(俳優、歌手、マンガ家)/マレーシア
ロップ・ポーンチャムニ(トゥモロー・コミックス社ジェネラル・マネージャー)/タイ
司会: 村上知彦氏(評論家)

(2)日時:平成14年2月17日(日)

セッション2:「アジア・コミック・カルチャー最前線」13:00~16:00

各国のアート系コミック作家をパネリストに、これまでの自分自身がどのようなマンガを読み、誰にあるいはどのようなマンガ以外の文化に影響を受け、どのようなマンガを描くようになり、どのような人々に向けてどんな媒体に作品を発表し、作品で何をアピールしているのか発表します。

イ.パネリスト: しりあがり寿(マンガ家) /日本
カン・ソンス(マンガ家)/韓国
リヨン・ワン・コック(マンガ家)/マレーシア
ウィスット・ポーンニミット(マンガ家)/タイ
司会: 村上知彦(評論家)

セッション3:「アジア・マンガ夜話」18:00~20:00

日本で翻訳が出版されている韓国コミック作品を、NHKBSの人気番組「BS マンガ夜話」の出演者により、徹底的に読み込み語り合います。

イ.パネリスト: いしかわじゅん(マンガ家)
岡田斗司夫(作家・評論家)
夏目房之介(マンガ・コラムニスト)
村上知彦(評論家)
司会: 大月隆寛(民俗学者)
アシスタント: 笹峰愛(タレント)
ゲスト: 金承鉉(ARTPD.NET代表)/韓国

(3)会場

国際交流基金フォーラム(東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー1F)

(4)入場料:無料

  • コーディネーター:村上知彦(評論家)
  • 主催:国際交流基金アジアセンター
  • 共催:NHK衛星ハイビジョン局(セッション3のみ)
  • お問い合わせ・参加お申し込み:国際交流基金アジアセンター国内事業課

過去のアジアINコミック展についてはこちらをご覧ください

ページトップへ戻る