国内上映事業 アラブ映画祭2006 上映作品

映画祭TOP 上映作品 スケジュール・チケット シンポジウム報告

上映作品一覧

★マーク=日本初上映 ★★、東京初上映 ★

イラクなど現地の事情により、やむをえず上映作品を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

アラブ映画新作パノラマのタイトル画像

『夢』

『夢』の写真

Dreams ★★
2005年/108分/カラー/イラク=英=蘭
監督:ムハンマド・アル=ダラージ
「アラブ映画祭2005」で上映した『露出不足』に続く、イラク戦争後に製作された2本目のイラク映画。爆撃された病院と、生き残った人々のその後を描く。
音楽を、2004年に国際交流基金(ジャパンファウンデーション)の招へいで来日公演も行なった巨匠ナスィール・シャンマが担当し、話題となっている。

『イラク、わが故郷 亡命者サマーワへ還る』

『イラク、わが故郷、亡命者サマーワへ還る』の写真

Iraq, My Country ★★
2005年/50分/カラー/イラク=豪/DVcam
監督:ハッディ・マフード
オーストラリアに亡命していたマフード監督が、イラク戦争後、故郷のサマーワに帰還する旅のドキュメンタリー。日本の自衛隊も登場する。

『長い旅』

『長い旅』の写真

Le Grand Voyage ★★
2004年/108分/カラー/モロッコ=仏
監督:イスマエル・フェルーキ
在仏モロッコ人の老人が、故郷をひと目見ようと、息子とともに長い旅に出る。様々なトラブルのなか、欧州から北アフリカまでの7カ国を走行していく、ロードムービーの傑作。

『天井の下で』

『天井の下で』の写真

Under the Ceiling ★★
2005年/90分/カラー/シリア
監督:ニダル・アル・ディブス
ひとつの部屋を主な舞台に据え、長い時間とともに推移していく男女の関係を描いた、シリア映画の新作。ディブス監督はモスクワ留学を経て、本作で長編デビューを飾った。

『夢と現実の日々』

『夢と現実の日々』の写真

Dreamy Visions
2005年/103分/カラー/シリア
監督:ワーハ・アル=ラーヒブ
1982年、イスラエルのレバノン占領は、隣国シリアにも暗雲をもたらす。封建的な父親と対立する女子大生のジャミーレは、闘いに参加するため、家を抜け出して戦場に向かう。アル=ラーヒブ監督は女優としても活躍中。
アジアフォーカス・福岡映画祭2005出品作。

『Waiting』

『Waiting』の写真

Waiting ★★
2005年/88分/カラー/パレスチナ=仏
監督:ラシード・マシャラーウィ
役者のオーディションのため、中東各地の難民キャンプを回ってカメラテストを繰り返す劇場スタッフたち。パレスチナ、ヨルダン、シリア、レバノンへと旅は続いていく。

『消えゆく者たちの年代記』

『消えゆく者たちの年代記』の写真

Chronicle of a Disappearance ★★
1996年/85分/カラー/パレスチナ=仏
監督:エリア・スレイマン
『D.I.』のスレイマン監督の長編デビュー作。皮肉と笑いのなかに中東の現実を描くスタイルはすでにここにある。「イスラエル・アラブの日常生活を苦いユーモアのもとに描いたフィルム」(四方田犬彦)。カンヌ映画祭新人賞受賞作。日本ではCS放映されたが、スクリーン上映は初。

アラブ映画祭2005アンコールのタイトル画像

『露出不足』

『露出不足』の写真

Underexposure
2005年/70分/カラー/イラク=独/35ミリ
監督:ウダイ・ラシード
イラク戦争後にバグダッドで撮影された、初の長編劇映画。フセイン政権崩壊後の混沌とした社会状況を背景に、映画を製作しようともがく青年たちの姿を通して、戦後イラクの新たなリアリティを探る意欲作。ロッテルダム国際映画祭とシンガポール国際映画祭で最優秀作品賞を受賞。

『忘却のバグダッド』

『忘却のバグダッド』の写真

Forget Baghdad
2002年/112分/カラー/イラク=スイス=独/35ミリ
監督:サミール
映画史の中で「アラブ人」「ユダヤ人」像がいかに表象されてきたかをめぐるアーカイヴ・ドキュメンタリーの秀作。バグダッドのユダヤ人であること、イスラエルのアラブ人であることの意味を検証し、ステレオタイプと化したイメージを解体していく。ロカルノ国際映画祭審査員賞。

『D.I.』

『D.I.』の写真

Divine Intervention
2002年/94分/カラー/仏=パレスチナ
監督:エリア・スレイマン
ナザレに住むイスラエル国籍のパレスチナ人を描き、ユーモアと詩情に溢れた作風でカンヌ映画祭審査員賞・国際映画批評家連盟賞をダブル受賞したスレイマンの出世作。「『D.I.』はすごい映画だ。中東の笑えない事態から笑いを噴出させる。」(池澤夏樹)

映画祭TOP 上映作品 スケジュール・チケット シンポジウム報告

ページトップへ戻る