国内上映事業 アラブ映画祭2007 シンポジウム アラブ映画は一枚岩ではない 質疑応答

「アラブ映画祭2007」

映画祭TOP 上映作品 スケジュール・チケット シンポジウム

アラブ映画祭2007 「アラブ映画シンポジウム」採録

アラブ映画は一枚岩ではない
アラブ映画シンポジウムの写真
2007年3月11日、赤坂・OAGホールにて

  • ゲスト:
  • アブドゥッラー・アル=ムヘイセン(サウジアラビア/『沈黙の影』監督)
    ナーセル・カミール(チュニジア/『バーバ・アジーズ』監督)
    アハセイン・ビンゼラーリ(アルジェリア/『インターネットの扉』主演)
    佐野光子
  • 司会:
  • 石坂健治(国際交流基金)
  • 通訳:
  • ナジーブ・エルカシュ

質疑応答

*日チェコ国交回復50周年、日スロバキア国交回復50周年事業
質問者1: アル=ムヘイセン監督の子供の頃の映画体験は、どんな形で映画を知って好きになったのでしょう。
アル=ムヘイセン: 小さいときには、ほとんどエジプト映画しか見ることができませんでしたが、高校時代はレバノンにいましたので、いろいろ見ることができました。主にアメリカ映画でしたが、インド映画も見ることができました。その後イギリスに留学し、黒澤作品などの日本映画や、他の国の映画も幅広く見ることができました。
質問者2: 先ほど触れられた表現上のタブーについて、もう少し具体的にお尋ねしたいのですが、『ヤコービエン・ビルディング』は様々なエジプト社会のタブーをえぐり出すような作品でしたが、中でもホモセクシュアルに関する表現が厳しく糾弾されたと聞いています。皆さんにお聞きしたいのですが、『ヤコービエン・ビルディング』のような映画は、それぞれの国では撮ることが可能でしょうか。また、特に厳しくタブーとされている表現とは、どのようなものなのでしょう。
カミール: こういう質問は、アラブ世界はひとつの場所、というお考えを持っているように聞こえます。アラブ諸国と言いましても24カ国もあり、それぞれの状況は違います。その違いは本当に大きい。ひとつの例として、女性の権利。チュニジアの法律では、女性は全ての権利を手に入れていると思いますが、サウジアラビアでは運転することさえ禁止されており、本当に大きな違いです。
ビンゼラーリ: 私も『ヤコービエン・ビルディング』は見ましたが、本当に素晴らしい作品だと思います。このように社会問題を取り上げる作品を作っている方々を、私も応援したいと思いますし、勇気を持っている方たちだと思います。ただそれはアラブの映画監督の中で珍しくはないと思います。そういう作品はこれまでにも作られてきましたし、これからも作られると思います。
アル=ムヘイセン: 私はおそらく保守的な社会に生きていますので、『ヤコービエン・ビルディング』に関しては少し変わった意見かもしれませんが、私たちにとってタブーや社会問題も重要ですけれど、それよりももっと一般的に考え方の自由を進める、そういう作品を作ることを望んでいます。要するに具体的な社会問題よりも、一般的な発想をもって人間を解放する作品を作った方が良いのではないかと思います。

そしてサウジアラビアでは女性は運転できないということに対しては、それは国民の意思ですから国民がそれを変えようと望めば、政府も対応するでしょう。私は大衆の意思を尊重する国に生きてよかったと思います。
質問者3: チュニジア人である以上に映画人であると監督がおっしゃっていた通り、『バーバ・アジーズ』は国を越えた作品になっていたと思います。映画作りにおいてカミール監督の関心はどのようなところにあるのでしょう。
カミール: 作中の歌や音楽には、インドやパキスタンなどの音楽も入りましたし、アフリカ大陸をはさんだモーリタニアの音楽も使用しました。個人的には、北のムガール文明の芸術、細密画に非常に興味がありますので、そういったものもアートディレクションで取りいれましたので、インド的な印象もお持ちになったかもしれません。

映画の中ではいろいろなものを混ぜて作りました。たとえばアジアのイスラーム、アフリカのイスラーム、黒いイスラーム。イスラームは、多民族宗教であると思います。特定の部族や人種だけで良いという考え方はない。非常に豊かな多民族的な文化であります。そのため私はアフリカ系の家族、部族の人たちを、3000キロ離れたところからロケに迎えたりもしました。
司会: ありがとうございました。タブーの話、日本との関わりと、様々なお話が出ました。いずれにしてもどこかでリンクしている話でして、皆さん、経済的、あるいは表現の自由というところで戦っておられるということを強く感じました。それと同時に、各地域の違いというのが非常に大きいのだというお話が出て、この「アラブ映画祭」も3回目になりますが、ある種の達成と、いい意味での限界を感じる結果になったと思います。つまりこれまでは「アラブ」という形で総論的にやってきたわけですが、いろいろな監督のご意見を伺っていると、そろそろ各論に入っていくような形になってきたのかな、これは日本にとって非常に良いことなのではないか、という感想を持ちました。

お分かりのように多言語が飛び交っていまして、まさにそれがアラブ的な状況ということなのですが、ナジーブさんはフランス語とアラビア語を通訳し、フランス語が来たときは佐野さんが英語を隣のサウジの監督にささやくという具合で、ステージの上も大変な戦いでした。

では長時間にわたっていろいろな発言をしてくださいましたパネリストと通訳の皆さんに、盛大な拍手をお願いいたします。

ページトップへ戻る