国内上映事業 韓国映画―栄光の1960年代 上映プログラム 上映作品紹介

こちらの事業は、旧機構時のものです。
お問い合わせは、E-mail までご連絡ください。
韓国映画――栄光の1960年代
※文字化けしてしまう場合には、お使いのブラウザの表示文字コードの設定を"UTF-8"にしてください。
春香傳(チュニャン) 張禧嬪(チャン ヒビン)ソウルの屋根の下燕山君(ヨンサングン)孟進士(メン ジンサ)宅の慶事臥竜(ワリョン)先生上京記ロマンス・グレー裸足の青春肉体の告白聾唖の三竜(サムニョン) |南と北浜辺の村ミンミョヌリ -許嫁-月下の共同墓地島の先生エレジーの女王カササギの声カインの後裔憎くてももう一度将軍の髭内侍(ネシ)男子と妓生(キーセン)五父子(オブジャ) | 千年狐(チョンニョンホ)続・憎くてももう一度李朝女人残酷史李朝怪談

「浜辺の村」(K-12)は「韓国映画祭1946‐1996 知られざる映画大国(1996年開催)」で上映されました。それ以外は、すべて35mmフィルムによるものとしては日本初上映となります。ただし、「聾唖の三竜」(K-10)「南と北」(K-11)は、第12回アジア映画祭(1965年開催)で出品上映されたという記録があります。
■すべての上映には、スライドあるいは一部打ち込みによる日本語字幕が付きます。
■映写には万全を期しておりますが、上映プリントには、傷の多いもの、褪色の見られるもの、タイトルが一部欠落したもの等が含まれています。また、当日の上映時間は、ここに記載されたものと多少異なることがあります。あらかじめご了承ください。
■英語題名は、原則として韓国映像資料院によるものです。映画に現れる英語題名とは、一部異なっています。
YEONSANGUN, SAMRYONG THE MUTE and WOMEN OF YI-DYNASTY are subtitled in English.
■略号の、監は「監督」、出は「出演者」を示します。

K-1 春香傳(チュニャン) THE LIFE OF CHUN-HYANG

春香傳(チュニャン)11月6日(水曜日)15時 11月23日(土曜日・祝日)13時 12月10日(火曜日)19時

定番中の定番「春香伝」の一篇。洪性麒(ホン ソンギ)監督が妻金芝美(キム ジミ)を主演に製作したこの作品は、申相玉(シン サンオク)監督が妻崔銀姫(チェ ウニ)を主演に製作した「成春香」との競作となった。夫への愛を貫く春香(チュニャン)を、女性の鑑として描く勧善懲悪の時代劇で、韓国映画史上初めてカラー"且つ"シネスコで製作された。 (110分・35mm・カラー)

'61(監)洪性麒(ホン ソンギ)(出)金芝美(キム ジミ)、申貴植(シン グィシク)、梁美姫(ヤン ミヒ)、金東園(キム ドンウォン)

K-2 張禧嬪(チャン ヒビン)JANG HUI BIN

張禧嬪(チャン ヒビン)11月6日(水曜日)19時 11月24日(日曜日)13時 12月12日(木曜日)15時

多くの映画・テレビ化がある悪女、張禧嬪(チャン ヒビン)を描いた最初の作品で、絢爛たる宮廷劇。李朝第19代の王粛宗(スクチョン)大王(1674~1720)が情けをかけた尚宮(サングン)の張(チャン)は、世継ぎをなして後、権力欲に憑かれ、王を欺いて優しい王妃を追放し、自ら中殿(チュンジョン)となるが……。(95分・35mm・白黒)

'61(監)鄭昌和(チョン チャンファ)(出)金芝美(キム ジミ)、金振奎(キム ジンギュ)、趙美鈴(チョ ミリョン)、黄貞順(ファン ジョンスン)、金勝鎬(キム スンホ)

K-3 ソウルの屋根の下 UNDER HEAVEN OF SEOUL

ソウルの屋根の下11月7日(木曜日)15時 11月23日(土曜日・祝日)16時 12月11日(水曜日)19時

不動産屋、美容師、占師などさまざまな職業の人が暮らすソウルの横町で、選挙に出るほど人望もある漢方医とその家族――だが、息子は呑み屋の娘を孕ませ、実の娘は敵視する西洋医と恋仲になる……。金勝鎬(キム スンホ)から崔銀姫(チェ ウニ)まで名優やスターが総出演して、下町の人情を泣き笑いの中に描く群像劇。(115分・35mm・白黒)

'61(監)李亨杓(イ ヒョンピョ)(出)金勝鎬(キム スンホ)、黄貞順(ファン ジョンスン)、崔銀姫(チェ ウニ)、金喜甲(キム ヒガプ)

K-4 燕山君(ヨンサングン)YEONSANGUN

燕山君(ヨンサングン)11月7日(木曜日)19時 11月24日(日曜日)16時 12月10日(火曜日)15時

申相玉(シンサンオク)監督による歴史劇大作で、稀代の暴君として知られる李朝第10代の王燕山君(ヨンサングン)(1476~1506)の圧制を描く。母が陰謀によって殺されたことを知って自棄となり、夜ごと酒に溺れ女色に耽り、復讐の念に憑かれて民や家臣の粛清まで行なう王の狂気を、申栄均(シン ヨンギュン)が迫真の演技で見せる。第1回大鐘賞最優秀作品。 (146分・35mm・カラー)

'61(監)申相玉(シン サンオク)(出)申栄均(シン ヨンギュン)、 都琴峰(ト グンボン) 、申星一(シン ソンイル)、許長江(ホ ジャンガン)

K-5 孟進士(メン ジンサ)宅の慶事 A HAPPY DAY OF JINSA MAENG

孟進士(メン ジンサ)宅の慶事11月8日(金曜日)15時 11月26日(火曜日)19時 12月14日(土曜日)13時

進士(ジンサ)階級の孟(メン)は、娘を上流の両班(ヤンバン)に嫁がせて家格を上げようと目論むが、婚礼の前に噂を聞いて翻意し、娘の御付(おつき)を身代わりにする。噂はデマで、婿殿は申し分ないと知れるが時すでに遅く、召使娘が玉の輿に……。李炳逸(イ ビョンイル)監督による56年の同作は「婚礼の日」の題で第4回アジア映画祭(東京)に出品。(101分・35mm・カラー)

'62(監)李庸民(イ ヨンミン)(出)崔銀姫(チェ ウ二)、金勝鎬(キム スンホ)、金振奎(キム ジンギュ)、具鳳書(ク ボンソ)、金喜甲(キム ヒガプ)

K-6 臥竜(ワリョン)先生上京記 TEACHER WARYONG'S TRIP TO SEOUL

臥竜(ワリョン)先生上京記11月8日(金曜日)19時 11月27日(水曜日)15時 12月15日(日曜日)13時

田舎の校長が退職を機にかつての教え子たちに会うべくソウルにやって来る。出世した者、悪の道に落ちた者、恩師を煙たがる者――それぞれが卒業後に歩んだ悲喜こもごもの人生に立ち会う老教師の感慨を名優金喜甲(キム ヒガプ)が巧みに演じている。「舞踏会の手帖」(1937年)を連想させる秀作。 (121分・35mm・白黒)

'62(監)金容徳(キム ヨンドク)(出)金喜甲(キム ヒガプ)、許長江(ホ ジャンガン)、尹仁子(ユン インジャ)、黄海(ファン へ)、厳鶯蘭(オム エンナン)、李大燁(イ デヨプ)

K-7 ロマンス・グレー ROMANCE GRAY

ロマンス・グレー11月10日(日曜日)13時 11月26日(火曜日)15時 12月12日(木曜日)19時

大学教授と社長――二人は面識がないが、それぞれの愛人は同じアパートに住む友達同士で、しかも社長の愛人は教授の息子の元同級生、さらに教授夫人と社長夫人は知り合い――こうした関係で起こる愛人騒動も、最後にはもとの鞘に収まる。名優たちを生かす申相玉(シンサンオク)演出の冴えが見所。 (125分・35mm・白黒)

'63(監)申相玉(シン サンオク)(出)金勝鎬(キム スンホ)、 崔銀姫(チェ ウニ)、趙美鈴(チョ ミリョン)、金喜甲(キム ヒガプ)、申栄均(シン ヨンギュン)

K-8 裸足の青春 THE YOUNG WITH NAKED FOOT

裸足の青春11月10日(日曜日)16時 11月27日(水曜日)19時 12月13日(金曜日)15時

町のチンピラ(申星一シン ソンイル)と外交官令嬢(厳鶯蘭オム エンナン)の純愛と心中を描いた大ヒット青春映画で、浜田光男=吉永小百合が主演した「泥だらけの純情」(1963年)の韓国版。主人公の二人は、この後、結婚して話題となった。申星一のクールな魅力を引き立てる脇のツイスト・キムの好演にも注目。(116分・35mm・白黒)

'64(監)金基悳(キム ギドク)(出)申星一(シン ソンイル)、厳鶯蘭(オム エンナン)、ツイスト金(キム) 、李芸春(イ イエチュン)

K-9 肉体の告白 A CONFESSION OF BODY

11月12日(火曜日)15時 11月28日(木曜日)19時 12月14日(土曜日)16時

釜山(プサン)で米軍相手のダンスホールを経営しホステス達に慕われる"ママ"の夢は、ソウルに行かせた三人の娘が、立派な金持ちの男と幸せな結婚をすることだが、現実は彼女を失望させ続ける。時代は60年の「4・19革命」の頃。名匠趙肯夏(チョ グンハ)の演出と黄貞順(ファン ジョンスン)の演技が光る秀作。 (131分・35mm・白黒)

'64(監)趙肯夏(チョ グンハ)(出)黄貞順(ファン ジョンスン)、金恵貞(キム へジョン)、金振奎(キム ジンギュ)、太賢実(テ ヒョンシル)、李璟姫(イ ギョンヒ)

K-10 聾唖の三竜(サムニョン) SAMRYONG THE MUTE

聾唖の三竜(サムニョン)11月12日(火曜日)19時 11月29日(金曜日)15時 12月15日(日曜日)16時

恩ある大家(たいけ)とその家族に忠実な下男三竜(サムニョン)は言葉が不自由だが、総領息子が迎えた若妻にかなわぬ恋慕の情を抱く。放埓な跡取の浮気がもとで屋敷が放火されたとき、三竜は身を挺して彼女を救おうとする……。申相玉監督自身のリメイクで、第4回大鐘賞最優秀作品を受けた。(86分・35mm・白黒)

'64(監)申相玉(シン サンオク)(出)金振奎(キム ジンギュ)、崔銀姫(チェ ウニ)、朴魯植(パク ノシク)、都琴峰(ト グンボン)

K-11 南と北 NORTH AND SOUTH

南と北11月13日(水曜日)15時 11月29日(金曜日)19時 12月21日(土曜日)13時

朝鮮戦争時に生き別れた恋人(未入籍の妻)と幼子を捜して命がけで南にやってきた北朝鮮人民軍少佐。彼を取り調べる韓国軍将校は、その女性が、身重になって間もない現在の自分の妻だと知る。戦争と国境に引き裂かれた愛を描くメロドラマの秀作。映画同様、主題歌も大ヒットとなった。 (114分・35mm・白黒)

'65(監)金基悳(キム ギドク)(出)申栄均(シン ヨンギュン)、 崔戊龍(チェ ムリョン) 、厳鶯蘭(オム エンナン)、南宮遠(ナムグン ウォン)

K-12 浜辺の村 THE SEASHORE VILLAGE

11月13日(水曜日)19時 11月28日(木曜日)15時 12月22日(日曜日)13時

呉永寿(オ ヨンス)の原作を金洙容(キム スヨン)が監督した文芸映画の秀作で、小さな浜辺の村を舞台に、嵐で夫たちを失って残された者たちの愛や苦悩を描く。同監督の作家性を考える上で、「カササギの声」との比較も興味深い。第5回大鐘賞最優秀作品賞を受賞。'96年、日本の「韓国映画祭」で上映された作品。 (91分・35mm・白黒)

'65(監)金洙容(キム スヨン)(出)申栄均(シン ヨンギュン)、高銀児(コ ウナ)、黄貞順(ファン ジョンスン)

K-13 ミンミョヌリ ―許嫁―
A GIRL WHO IS BROUGHT UP IN A HOME AS A FUTURE WIFE FOR SON

11月14日(木曜日)15時 11月30日(土曜日)13時 12月13日(金曜日)19時

両班(ヤンバン)の家の年端もいかぬ少年の嫁(ミョヌリ)になることをあらかじめ決められてその家で奉公することになった孝行娘の苦労話。申相玉(シン サンオク)監督夫人でもある大女優崔銀姫(チェ ウニ)は、この映画で主演をしつつ韓国映画史上三人目の女性監督ともなった。意地悪な姑役に黄貞順(ファン ジョンスン)。(100分・35mm・白黒)

'65(監)崔銀姫(チェ ウニ)(出)崔銀姫、韓銀珍(ハン ウンジン)、朴魯植(パク ノシク)、黄貞順(ファン ジョンスン)

K-14 夢 A DREAM

夢11月14日(木曜日)19時 12月1日(日曜日)13時 12月11日(水曜日)15時

山寺を訪れた一家の美しい娘に懸想した修行中の仏僧が、老師に命じられて夢殿に籠もる。その夜、色欲の煩悩を断ち切ろうとする彼の前に現れた夢とも現ともつかぬ意外な世界の行き着く先は……。李光洙(イ グァンス)の原作を申相玉(シン サンオク)監督自身二度目の映画化をしたもの(三度目は睆瘤懌浩、尺 チャンホ)。 (91分・35mm・カラー)

'67(監)申相玉(シン サンオク)(出)申栄均(シン ヨンギュン)、金恵貞(キム ヘジョン)、韓銀珍(ハン ウンジン)

K-15 月下の共同墓地 A PUBLIC CEMETERY UNDER THE MOON

月下の共同墓地11月15日(金曜日)15時 12月3日(火曜日)19時 12月18日(水曜日)15時

植民地時代を背景にして女の怨念を描いた異色の怪奇映画。投獄された兄チュンシクと同志ハンスを救うため妓生月香(ウォルヒャン)となったミョンスンは、出所したハンスと結婚し、男子をもうけるが、夫は変節し、自らは病に倒れる。夫を下女に寝盗られ殺された彼女は、恨みを晴らすべく幽霊となる。 (89分・35mm・カラー)

'67(監)権哲輝(クォン チョルフィ)(出)姜美愛(カン ミエ)、朴魯植(パク ノシク)、黄海(ファン へ)、都琴峰(ト グンボン)、許長江(ホ ジャンガン)

K-16 島の先生 A TEACHER IN AN ISLAND

11月15日(金曜日)19時 11月30日(土曜日)16時 12月17日(火曜日)15時

恋人をソウルに残し、医学の修業半ばにして、ベトナムで死んだ戦友の故郷である離島の漁村へ教師として赴任した若者が、村人たちの無理解と戦いながら、教育と医療に献身する。村の娘を演じた文姫(ムンヒ)が可憐で美しい。どこか木下恵介的な味わいも魅力的。主題歌を李美子(イ ミジャ)が歌っている。(105分・35mm・白黒)

'67(監)金基悳(キム ギドク)(出)呉英一(オ ヨンイル)、文姫(ムンヒ)、金喜甲(キム ヒガプ)、安恩淑(アン ウンスク)

K-17 エレジーの女王 THE QUEEN OF ELEGY

11月16日(土曜日)13時 12月3日(火曜日)15時 12月19日(木曜日)19時

日本の美空ひばりに比肩されることもある韓国歌謡界の女王李美子(イ ミジャ)の半生を、60年代を代表するアイドル女優の一人南貞姙(ナム ジョンイム)が演じた、歌で綴る「スター誕生」物語。歌好きで評判の村の少女が、成長して才能を見出され、上京して成功するが、それと引きかえに一つの愛を失う。 (100分・35mm・カラー)

'67(監)韓瀅模(ハン ヒョンモ)(出)南貞姙(ナム ジョンイム)、朴魯植(パク ノシク)、崔ナム鉉(チェ ナムヒョン)、李美子(イ ミジャ)

k-18 カササギの声 SOUND OF MAGPIE

カササギの声11月16日(土曜日)16時 12月4日(水曜日)15時 12月17日(火曜日)19時

金東里(キム ドンニ)の小説を金洙容(キム スヨン)が監督した文芸映画の秀作。朝鮮戦争で行方不明となった若者が村に帰るが、かつての恋人は徴兵を逃れた別の男と結婚し、子まで成していた。若者の心に忍び込む狂気……。カチ=鵲(カササギ)は、本来吉兆の鳥だが、ここでは戦争の精神的後遺症を含む負のシンボルとして登場する。(80分・35mm・白黒)

'67(監)金洙容(キムスヨン)(出)申星一(シン ソンイル)、尹静姫(ユン ジョンヒ)、高銀児(コ ウナ)、南貞姙(ナム ジョンイム)、韓銀珍(ハン ウンジン)

K-19 カインの後裔 DESCENDENT OF CAIN

カインの後裔11月17日(日曜日)13時 12月4日(水曜日)19時 12月19日(木曜日)15時

「誤発弾」(1961年)「金薬局の娘たち」(1963)等がすでに日本で紹介されている兪賢穆(ユ ヒョンモク)監督が黄順元(ファン スヌォン)の原作を映画化。解放後の平和な村に新しい思想の波が押し寄せ、住民たちの心に地主たちへの疑念や憎悪が芽生えていく。鬼気迫る朴魯植(パク ノシク)の演技も必見。(107分・35mm・白黒)

'68(監)兪賢穆(ユ ヒョンモク)(出)金振奎(キム ジンギュ)、文姫(ムン ヒ)、朴魯植(パク ノシク)、張東輝(チャン ドンフィ)

K-20 憎くてももう一度 LOVE ME ONCE AGAIN

11月17日(日曜日)16時 12月5日(木曜日)15時 12月18日(水曜日)19時

韓国映画史上、最も有名なメロドラマの一つ。ソウルで事業家として成功し、幸せな家族生活を送る製薬会社社長キム・シノ――彼の前にかつて心から愛した女性ヘヨンと一児ヨンシン(金廷勲/子役)(キム ジョンフン)が現れる。キム家の子となったヨンシンだが、新しい家族に馴染めず、生母への思いが募り、ついには家出までするが……。(93分・35mm・カラー)

'68(監)鄭素影(チョン ソヨン)(出)申栄均(シン ヨンギュン)、文姫(ムン ヒ)、全桂賢(チョン ゲヒョン)、朴岩(パク アム)、金貞玉(キム ジョンオク)

K-21 将軍の髭 MOUSTACHE OF THE GENERAL

将軍の髭11月19日(火曜日)15時 12月1日(日曜日)16時 12月20日(金曜日)19時

小説家志望の写真記者が謎の死を遂げた――事件を捜査する刑事は、ついには現実に順応することができなかったその若者の家族誌や恋人との心のすれ違い、夢や孤独、自殺衝動などを追体験していく。李御寧(イ オリョン)の小説を李星究(イ ソング)が監督した新感覚の文芸映画。挿入されるアニメーションも新鮮。 (103分・35mm・カラー)

'68(監)李星究(イ ソング)(出)申星一(シン ソンイル)、尹静姫(ユン ジョンヒ)、金勝鎬(キム スンホ)、全昌根(チョン チャングン)

K-22 内侍(ネシ) EUNUCH

内侍(ネシ)11月19日(火曜日)19時 12月6日(金曜日)15時 12月21日(土曜日)16時

王に仕える女性=尚宮(サングン)として召された娘を追って、自ら宦官=内侍(ネシ)となり、後宮(フグン)に潜入した男の純愛が、悲惨な結末を招く。王の夜伽の演出が秀逸のみならず、それを巡る尚宮、内侍それぞれの複雑な心理描写が出色。尚宮役の尹静姫(ユン ジョンヒ)と金恵貞(キム へジョン)の対立も見物。(115分・35mm・カラー)

'68(監)申相玉(シン サンオク)(出)申星一(シン ソンイル)、尹静姫(ユン ジョンヒ)、朴魯植(パク ノシク)、都琴峰(ト グンボン)、金恵貞(キム へジョン)

K-23 男子と妓生(キーセン) MAN AND GISAENG

11月20日(水曜日)15時 12月5日(木曜日)19時 12月24日(火曜日)19時

失職した青年が女装して妓生(キーセン)となる。売れっ妓となった彼/彼女に特にご執心なのはほかならぬ馘にした社長だった……。沈雨燮(シム ウソプ)監督お得意の喜劇で、東宝の社長シリーズやそのスター・コメディアンたちを連想させる、具鳳書(クボンソ)、許長江(ホ ジャンガン)といった芸達者な俳優たちの演技が光る。(85分・35mm・カラー)

'69(監)沈雨燮(シム ウソプ)(出)具鳳書(ク ボンソ)、許長江(ホ ジャンガン)、金清子(キム チョンジャ)、都琴峰(ト グンボン)、楊薫(ヤン フン)、李嬪華(イ ビンファ)

K-24 五父子(オブジャ) FATHER AND SONS

五父子(オブジャ)11月20日(水曜日)19時 12月8日(日曜日)16時 12月20日(金曜日)15時

五父子(オブジャ)運動具用品店を経営する朴(パク)父さんの悩みの種は、いい歳をして嫁を貰えない四人の息子たち――名前は英(ヨン)、雄(ウン)、豪(ホ)、傑(コル)と立派だが、揃いも揃って頼りなく、暇さえあればグループサウンズよろしく歌声を合わせる能天気ぶり。権哲輝(クォン チョルフィ)監督が軽快な演出で笑わせる金喜甲(キム ヒガプ)主演のナンセンス喜劇。 (105分・35mm・カラー)

'69(監)権哲輝(クォン チョルフィ)(出)金喜甲(キム ヒガプ)、黄貞順(ファン ジョンスン)、徐永春(ソ ヨンチュン)、南宝元(ナム ボウォン)

K-25 千年狐(チョンニョンホ) ONE THOUSAND YEARS OLD FOX

11月21日(木曜日)15時 12月6日(金曜日)19時 12月22日(日曜日)16時

新羅と百済が戦っていた三国時代を背景にした"狐憑き"伝奇譚。戦功のあった将軍を愛した女王は、将軍の妻子を追放する。幼児は殺され、妻は恨みを残しながら入水して果てる。そこは昔、新羅の王に退治された千年狐の呪いが宿るという湖で、残忍な白狐となった妻は、夜ごと人々を恐怖に陥れる。 (89分・35mm・カラー)

'69(監)申相玉(シン サンオク)(出)申栄均(シン ヨンギュン)、金芝秀(キム ジス) 、金恵貞(キム ヘジョン)

K-26 続・憎くてももう一度 LOVE ME ONCE AGAIN (SEQUEL)

続・憎くてももう一度11月21日(木曜日)19時 12月7日(土曜日)13時 12月25日(水曜日)15時

続篇。兄がシノから貰った大金を、それとは知らずに使って息子と共に上京し、ソウルに花屋を開くヘヨンには、縁談が舞い込む。息子ヨンシンへの思いが日増しに募るシノは、仕事も手につかず会社を破産に追い込む。シノの妻はヨンシンを立派に育てることを誓って結婚するヘヨンを日本に行かせる。 (100分・35mm・カラー)

'69(監)鄭素影(チョン ソヨン)(出)申栄均(シン ヨンギュン)、文姫(ムン ヒ)、全桂賢(チョン ゲヒョン)、朴岩(パク アム)、金貞玉(キム ジョンオク)

K-27 李朝女人残酷史 WOMEN OF YI-DYNASTY

李朝女人残酷史11月22日(金曜日)15時 12月8日(日曜日)13時 12月25日(水曜日)19時

「女必従夫」「七去之悪」「禁中秘色」の三話からなるオムニバス映画で、儒教の教えが絶対であった李朝時代に、家、親、夫、王などへの盲従がゆえに女性たちがいかに虐げられていたか、いかに理不尽な決まり事に縛られていたかをエピソードごとに描き出す申相玉(シン サンオク)の力作。 (96分・35mm・パートカラー)

'69(監)申相玉(シン サンオク)(出)南貞姙(ナム ジョンイム)、崔銀姫(チェ ウニ)、金芝美(キム ジミ)、南宮遠(ナムグン ウォン)、申栄均(シン ヨンギュン)

K-28 李朝怪談 GHOST STORY OF CHOSUN DYNASTY

李朝怪談11月22日(金曜日)19時 12月7日(土曜日)16時 12月24日(火曜日15時

怪談仕立てで作られたもう一つの「燕山君(ヨンサングン)」物語。暴君に妻を求められ殺された夫と自害したその妻の怨念が黒猫に乗り移り、王の寵妃・張緑水(チャン ノクス)に憑依するなど、宮廷に血みどろの変事が頻発する……。日本の化猫映画との親近性が随所に見られる点でも興味深い。香港との合作。 (81分・35mm・カラー)

'70(監)申相玉(シン サンオク)(出)申一龍(シン イルリョン)、崔芝淑(チェ ジスク)韓銀珍(ハン ウンジン)、趙壽鉉、田英珠、李江照

ページトップへ戻る