国内上映事業 アジア映画シリーズ1 インド映画祭2003 上映作品

こちらの事業は、旧機構時のものです。
お問い合わせは、E-mail までご連絡ください。

アジア映画シリーズ 10 スリランカ映画祭2002
作品名
1
『放浪者』 Awara
2
『目をさまして用心しろ』Jagte Raho
3 『ふたつの目、12本の手』Do Ankhen Barah Haath
4
『シャンカラーバラナム~魅惑のメロディ』Sankarabharanam
5 『母上様』Thai Saheb
6
『ラガーン~クリケット風雲録』Lagaan

(1)『放浪者』 Awara

放浪者

3/20(木)18:30 3/22(土)11:30  3/26(水)15:00

1951年/ヒンディー語/モノクロ
監督:ラージ・カプール
主演:ラージ・カプール、ナルギス、プリットヴィーラージ・カプール

監督・俳優・製作者として知られるラージ・カプールの代表作。判事である父親に捨てられた息子が悪の道に入り、法廷で父と対面する。
理想主義的リアリズムに貫かれた作品で、インド国内をはじめ中国や旧ソ連でもヒットを記録した。

(2)『目をさまして用心しろ』Jagte Raho

目をさまして用心しろ

3/20(木)15:00 3/22(土)15:00  3/26(水)18:30

1956年/ヒンディー語/モノクロ
監督:シャンブ・ミトラー、アミット・モイトラー
主演:ラージ・カプール、プラディープ・クマール、ナルギス

左翼演劇・映画人集団イプタ(IPTA)が中心となって作られた社会派喜劇。一杯の水を求めてマンションに迷い込んだ貧しい男が騒動を起こし、住人たちの秘密が次々と明るみに。
ラージ・カプールの好演で、当時の世相が見事にあぶり出されている。

(3)『ふたつの目、12本の手』Do Ankhen Barah Haath

ふたつの目、12本の手

3/20(木)12:30 3/23()15:00 3/25(火)18:30

1957年/ヒンディー語/モノクロ
監督:V.シャーンターラーム
主演:V.シャーンターラーム、サンデャー

性善説を信じる青年警官(=ふたつの目)が、6人の殺人犯(=12本の手)を更正させるため、刑務所から出て共同生活を始める。
荒くれ男たちが感化されていく様子がユーモラスに描かれ、それに紅一点である玩具売りの娘が花を添える。

(4)『シャンカラーバラナム~魅惑のメロディ』Sankarabharanam

シャンカラーバラナム~魅惑のメロディ

3/22(土)18:30 3/23()11:30 3/27(火)15:30

1979年/テルグ語/カラー
監督:K.ヴィシュワナート
主演:J.V.ソーマヤージュル、マンジュ・バールガヴィ

高名な古典声楽家と、古典舞踊の踊り手でもある娼館の娘との、十数年にわたる心の交流を描く。
古典音楽の美しいメロディの数々と、ピュアな心を持つ主人公ふたりの人間関係が観客を魅了し、南インドでは大ヒットとなった。

(5)『母上様』Thai Saheb

母上様

3/23()18:30  3/25(火)15:00  3/27(木)18:30

1998年/カンナダ語/カラー
監督:ギリーシュ・カーサラヴァッリ
主演:ジャヤーマーラー、スレーシュ・ヘーブリカル

南西インド、カルナータカ地方を舞台に、1940年代の独立運動期から約20年にわたる、地主の第二夫人の生きざまを描く。
政治運動に夢中の夫と、跡継ぎとして迎えた養子に仕え、小作人たちからも"ターイ(母)様"と慕われた女性の一代記。

(6)『ラガーン~クリケット風雲録』Lagaan

ラガーン~クリケット風雲録

3/19(水)16:00  3/21()12:30、18:30

2001年/ヒンディー語/カラー
監督:アーシュトーシュ・ゴーワーリーカル

主演:アーミル・カーン、グレイシー・シン
1893年の英領時代、年貢免除を賭けてイギリス軍将校チームにクリケットで挑む村人たちの姿を描く。歴史もの、スポ根ものとしてもよくできており、インド国内で大ヒットを記録し、2002年米アカデミー外国語映画賞にもノミネートされた。
© 2001 AAMIR KHAN PRODUCTIONS PVT. LTD. ALL LIGHTS RESERVED

ページトップへ戻る