東京国際芸術祭2004 中東3カンパニー公演

2月12日から3月28日にかけて開催される東京国際芸術祭のプログラムとして、クウェート、レバノン、パレスチナの現代演劇3カンパニーの招聘公演を実施します。

いずれの作品も、世界の国際フェスティバルから招聘され、数多くの賞を受賞し極めて高い評価を受けています。日本国内では政治的にしか語られることのない中東地域で、実際に人々は何を思いどう生きているのかという現実を理解する貴重な機会となります。

クウェート「アル・ハムレット・サミット」(スレイマン・アルバッサーム・シアターカンパニー)

クウェート

2004年2月12日(木)-2月17日(火) パークタワーホール
とあるアラブの小王国。ハムレットでおなじみの人物たちが、サミットを思わせる舞台装置の中で陰謀に満ちた駆引きを展開する。一見大胆なハムレット翻案に見せかけながら、湾岸戦争からイラク戦争へと至る国際政治の矛盾を鋭く批判するメッセージ性の強い作品です。

2002年カイロ国際実験演劇祭やエジンバラ・フリンジフェスティバルで高い評価を得た英語バージョンを下敷きに、刻一刻と変わる国際政治情勢を反映させたアラビア語バージョンを新たに創作、演出や舞台装置を大幅に改変した世界初演となります。

アラブ演劇界の若きリーダー、スレイマン・アルバッサームのもとにはアラブ諸地域から一流の俳優が集合、1ヶ月に渡るクウェートでの稽古を経て来日します。国境を超えた汎アラブ演劇の新境地開拓なるか、世界が注目する舞台です。

全席指定 4,000円 学生 2,000円
中東3カンパニー公演セット券10,000円
前売開始/12月2日(火)

前売所/ ぴあ(Pコード:329-486)
  e+
  東京国際芸術祭(TIF)
公演日・開演時間 2月
2/12
(木)
13
(金)
14
(土)
15
(日)
16
(月)
17
(火)
    14:00 休演   14:00
19:30 19:30 17:00
公演終了後、
ポスト・パフォーマンストークを予定
19:30 開演30分前
ビフォートークを予定

会場/パークタワーホール
新宿区西新宿3-7-1
新宿パークタワー3F
TEL: 03-5322-6633
JR「新宿」駅南口より徒歩12分
京王新線「初台」駅より徒歩8分
甲州街道沿い
[Mapion詳細地図へ]

問い合わせ/
東京国際芸術祭(TIF) 03-5428-0337
E-mail


レバノン「FaceA/FaceB」「BIOKHRAPHIA-ビオハラフィア」(ラビア・ムルエ&リナ・サーネー)

レバノン

2004年2月19日(木)-22日(日) パークタワーホール
ベイルートを拠点に活躍するアーティスト、ラビア・ムルエ&リナ・サーネー。ビデオ作品『FaceA/FaceB』では、ムルエの個人史・家族史とレバノンの歴史が、声という記憶メディアを軸にシンクロする深遠で感動的な作品に仕上がっています。

パフォーマンス『BIOPHRAPHIA-ビオハラフィア』は、Bio(ギリシャ語で人生、生命)、Khra(アラビア語で糞)、そしてBiography (自叙伝)を掛け合わせた造語。演出家であり女優であるリナ・サーネーが、インタビューショウに答える形式でカセットテープに録音された質問に答えていきます。やがて質問は尋問にすりかわり、事実と虚構の区別がつかない自叙伝が捏造されていきます。

現在のアラブ社会が抱えるアイデンティティの問題、紛争の続くレバノンにおける政治と芸術の関係性など、巧妙なテクストと独自の舞台装置の介入によって我々に深く問いかける作品です。

全席指定3,500円 学生2,000円
中東3カンパニー公演セット券10,000円
前売開始/12月2日(火)

前売所/ ぴあ(Pコード:329-487)
  e+
  東京国際芸術祭(TIF)
公演日・開演時間 2月
2/19
(木)
20
(金)
21
(土)
22
(日)
  14:00    
19:30 19:30
公演終了後、
ポスト・パフォーマンストークを予定
19:30 17:00
開演30分前
ビフォートークを予定

会場/パークタワーホール
新宿区西新宿3-7-1
新宿パークタワー3F
TEL: 03-5322-6633
JR「新宿」駅南口より徒歩12分
京王新線「初台」駅より徒歩8分
甲州街道沿い
[Mapion詳細地図へ]

問い合わせ/
東京国際芸術祭(TIF) 03-5428-0337
E-mail


パレスチナ「アライブ・フロム・パレスチナ-占領下の物語-」(アルカサバ・シアター)

パレスチナ

2004年2月25日(水)-29日(日) シアタートラム
舞台上には山のように積み上げられた新聞紙。静かに響くサティの調べ。その中から6人のパレスチナ人が次々に現われ、パレスチナの「(非)日常」-家族のこと、少年の夢、恋人との時間・・・を語り始めます。

彼らの目の奥に映るのは、毎日の生活で目にしてきたパレスチナの事実。胸の奥に流れているのは、やり場のない激しい怒りや絶望感。それらは、台詞の随所に散りばめられた強烈なアイロニーとユーモアによって昇華され、世界中のメディアが伝える「紛争とテロとパレスチナ」という画一的な情報ではわからない、パレスチナに生きる生身の人間としての存在を観客の前に晒し出します。

86年に設立されたアルカサバ・シアターはエルサレム、ラマラに拠点を持ち、同地の文化活動をリードする存在で、本作品は01年カイロ国際実験演劇祭ベスト演劇作品賞受賞作です。

全席指定 4,000円/学生2,000円
中東3カンパニー公演セット券10,000円
SePT 倶楽部会員 3,600円
世田谷区民割引 3,800円
(くりっくチケットセンターで前売のみ取り扱い)

前売開始日/12月2日(火)
SePT 倶楽部 11月29日(土)
世田谷区民 11月30日(日)

前売所/ くりっくチケットセンター
  ぴあ(Pコード:329-488)
  e+
  東京国際芸術祭(TIF)
公演日・開演時間 2月
2/25
(水)
26
(木)
27
(金)
28
(土)
29
(日)
  14:00     14:00
19:00 19:00
公演終了後、
ポスト・パフォーマンストークを予定
19:00 17:00
開演30分前
ビフォートークを予定
 

会場/シアタートラム
世田谷区太子堂4-1-1
TEL: 03-5432-1526
田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅となり
[Mapion詳細地図へ]

問い合わせ/
東京国際芸術祭(TIF) 03-5428-0337
E-mail

芸術交流部 舞台芸術課
03-5369-6063

ページトップへ戻る