国際シンポジウム2005 「アジアのキュビスム」 参加者プロフィール 林 道郎

林 道郎
Hayashi Michio

上智大学比較文化学部助教授(日本)
1959年函館生まれ。1999年コロンビア大学大学院美術史学科博士号取得。2003年より現職。専門は、西洋美術史、美術批評。主な著作に『絵画は二度死ぬ、あるいは死なない』(全7冊、ART TRACEより刊行中)。「零度の絵画-RRの呟き」(ロバート・ライマン-至福の絵画展、2004年)、「光跡に目を澄まして-宮本隆司論」(宮本隆司写真展、2004年)など展覧会カタログに執筆。東京在住。

ページトップへ戻る