国際シンポジウム2005 「アジアのキュビスム」 参加者プロフィール 水沢勉

水沢 勉
Mizusawa Tsutomu

神奈川県立近代美術館企画課長(日本) 
1952年横浜生まれ。1978年慶応義塾大学大学院修士課程修了後、神奈川県立近代美術館に学芸員として勤務、現在同館専門企画課長。ドイツ語圏および日本の近現代美術に関心を抱き、その交流史についても論じる。主な著作として、『この終わりのときにも』(思潮社、1989年)、『点在する中心』(共編著、春秋社、1995年)等。展覧会として、「モボ・モガ 1910-1935」展(1998年)など多数。神奈川県在住。

ページトップへ戻る