ファウム・チェンバー・オーケストラ 来日公演

ファウム・チェンバー・オーケストラ来日公演

日韓友情年2005 日韓友情年2005事業

ファウム・チェンバー・オーケストラ来日公演

1996年に結成された韓国有数の室内オーケストラ、“ファウム・チェンバー・オーケストラ”の来日公演が行なわれます。“ファウム”とは、漢字で書くと“画音”となり、絵と音楽という意味。「絵には音楽があり、音楽にも絵がある」という彼らの思いを表しています。もっとも特徴的なのは、指揮者をおかずに4人の奏者がリーダー的存在となり演奏しているという点。パワーと個性あふれるアンサンブルで、韓国のメディア各紙で大絶賛の新しいスタイルのクラシックを、ぜひ堪能してみてはいかがでしょうか?

【公演評】

コンダクターなしに聴かせる「絵画のようなハーモニー」
水準の高いファウム・チェンバー・オーケストラの美術との出会い

-ハンコック・ディリー 2003年8月23日-

パワーと個性あふれるアンサンブル、まさにソロリサイタルのよう!・・・
ユニークな「リーダーグループ」として存在するオーケストラ、ゆっくり耳に浸透すると同時に目を釘付けにする演奏。かれらは全ての楽曲を彼ららしい前向きなスタイルに解釈し、倍増する音楽エネルギーと同時にパワーと個性を演奏に加えた。

The Strad 1995年5月号-

指揮者なし、一糸乱れぬアンサンブルの美しさと凝縮力あふれる劇的表現で聴衆を魅了、上昇気流にあるアンサンブルの底力を見せつけたといえよう。

-音楽の友 2001年12月号「文化庁芸術祭・国際音楽の日 記念コンサート-

ファウムはその非常に優れたメンバーで聴衆を圧倒した。
団員ひとりひとりの演奏レベルは一般のオーケストラの首席を上回る。

-音楽春秋社 1998年8月-

公演トップ / 公演内容 / プロフィール

ページトップへ戻る