ロトフィ・ブシュナーク日本公演〜現代アラブ音楽界の至宝〜

ロトフィ・ブシュナーク日本公演~現代アラブ音楽界の至宝~

JFサポーターズクラブJFサポーターズクラブでは、公演のもようと、担当職員による報告を掲載しています。

音楽情報誌 月刊「ラティーナ」(2006年5月1日発売)に、特集記事が掲載されています。

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、「地中海アラブ音楽シリーズ」第2弾企画として、チュニジアの歌手ロトフィ・ブシュナーク氏を招き、東京・岐阜・京都・大阪の4都市で来日コンサートを実施いたします。
ロトフィ・ブシュナークはアラブの古典音楽を正統に継承する数少ない大歌手であり、アラブ世界で彼の名を知らぬ者はない、と言われています。世界の聴衆の心をとらえてやまない歌声と、アラブの伝統楽器による楽団の演奏をお楽しみください。

概要
日時/会場

東京公演 2006年3月18日(土曜日)、19日(日曜日) 丸ビルホール

岐阜公演 3月22日(水曜日) 岐阜県県民ふれあい会館サラマンカホール

京都公演 3月23日(木曜日) 京都市北文化会館

大阪公演 3月26日(日曜日) 河内長野市立文化会館ラブリーホール・小ホール

*3月26日(日曜日)大阪公演は、公演前に師岡・カリーマ・エルサムニー氏(アナウンサー・文筆家)によるセミナー「アラブの文化と音楽」 (無料)が開催されます(13時-14時)。

来日メンバー LOTFI BOUCHNAK (ロトフィ・ブシュナーク)/歌
TAWFIK ZGHONDA (タウフィーク・ズゴンダ)/カヌーン
BECHIR ESSALMI (ベシール・セルミ)/ヴァイオリン
MOUNIR ZGHONDA (ムニール・ズゴンダ)/ヴァイオリン
ABDELKARIM BENHLILOU (アブデルカリーム・ベンハリルー)/チェロ
MOHAMED MABROUK (ムハンマド・マブルーク)/タール(レク)
主催 ジャパンファウンデーション
特別協力 チュニジア大使館
お問い合せ ジャパンファウンデーション 舞台芸術課 Tel: 03-5369-6063
(担当: 鶴井/稲葉)

ロトフィ・ブシュナーク プロフィール

ロトフィ・ブシュナーク氏の写真1

チュニスに生まれ、ボスニア系の家庭で育つ。幼少の頃より音楽に親しみ、特に夜のラジオで流れていたアラブの歌姫ウム・カルスームの歌に強い影響を受ける。コーランの暗唱を学びはじめ、何年もの間、イスラム教神秘主義(スーフィ)の集会に通う。やがてモハメド・アゾーズ、アリ・スリティなど高名なチュニジア人作曲家に師事し、音楽の才能を伸ばしていった。また、その独特な歌唱力によって、チュニジアの伝統的なマルーフ音楽だけでなく、各地の民謡や、アンダルシア地方(イベリア半島)、中東地域、ヨーロッパなど異文化の音楽も柔軟に吸収していった。
1980年代から作曲をはじめ、アラブ諸国での演奏活動も開始するが、カイロ・オペラハウスで開かれたアラブ音楽祭にラティーバ・ヘフニーの招待を受けて参加した際の演奏が、彼の名前をアラブ世界全体に知らしめることとなった。現在ではアラブ諸国、ヨーロッパをはじめとする世界各地で演奏し、各種の賞を受賞しており、「アラブ歌謡の大使」と呼ばれている。
これまでに15枚のアルバムを作成し、チュニスをはじめ、カイロ、ジェッダ、パリ、ローマ、ロンドンでリリースされている。

ロトフィ・ブシュナーク~現代アラブ古典音楽界の最高峰~

ロトフィ・ブシュナーク氏の写真2

ロトフィ・ブシュナークは、チュニジアを代表する歌手であり、優れた作曲家、ウード奏者です。
チュニジアでマルーフと呼ばれる、アラブ・アンダルシア伝統音楽をソロで歌わせたら、彼の右に出る者はいないでしょう。しかし、彼の名声はチュニジア国内にとどまらず、ムワッシャハーなどの古典歌曲や、エジプト近代の作品も得意とし、まさに古典から現代曲まで幅広いレパートリーを誇っています。
今や彼はアラブ世界全体に共通する音楽遺産の正統な継承者であり、現存する数少ない大歌手の一人とみなされています。
恵まれた才能に加え、強い個性と即興性を持つロトフィ・ブシュナークは、アラブ諸国でもヨーロッパでも、満場の観客を陶酔と歓喜へと導きます。数多くの代表的な国際的フェスティバルにおいて、数時間におよぶ圧倒的なステージの一つ一つが、アラブ音楽の貴重な歴史を刻んできました。
楽団には、バイオリン奏者ベシール・セルミ、カーヌーン奏者タウフィーク・ズゴンダなど名ソリストをはじめ、チェロ、レク、ダルブッカなどいずれも一流の演奏家やコーラスの歌手たちが加わり、アラブ古典音楽のアンサンブルの魅力を発揮します。各器楽奏者による即興演奏 (タクスィーム)も、聞きどころ。最高の歌手と実力派演奏家たちによって、円熟の上にも新たな創造が繰り広げられる音楽は、アラブ音楽を初めて聴く人さえも、惹きつけてやまないでしょう。
プログラムは、チュニジア伝統楽曲、アラブの代表的な古典楽曲に加え、近年ではオリジナル曲の演奏にも意欲的です。作曲家として充実度をまし、すでにチュニジアの古典となりつつある作品もあります。
アラブの豊かな歴史と文化に育まれた音楽芸術の粋を紹介します。

国際交流基金 地中海・アラブ音楽シリーズとは

アラブ諸国および周辺地域の多様な音楽を日本でご紹介することを目的として、2004年より「地中海・アラブ音楽シリーズ」を開始しました。
その第1回目として、イラク人ウード奏者であるナスィール・シャンマ氏と同氏のグループ「オユーン」によるコンサートを東京・長崎・広島で実施し、各地でご好評をいただきました。
[関連企画] 中東理解講座「アラブ・ミュージック -その深遠なる魅力に迫る-」

東京公演
日時 3月18日(土曜日) 17時30分開場、18時開演
3月19日(日曜日) 13時30分開場、14時開演
会場 丸ビルホール
(東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)
チケット料金 前売2,500円 当日3,000円 (全席指定、消費税込)
チケット販売 2月1日(水曜日)より下記にて発売。
東京音協  Tel:03-3201-8116
チケットぴあ Tel:0570-02-9999, 0570-02-9966 (Pコード:220-870)
ローソンチケット Tel:0570-084-003 (Lコード:38421)
e+  
お問合せ 東京音協 Tel:03-3201-8116
プラネットアーツ Tel:03-5428-3211
主催 ジャパンファウンデーション
協力 東京音協
岐阜公演
日時 3月22日(水曜日) 18時開場、18時30分開演
会場 岐阜県県民ふれあい会館サラマンカホール
(岐阜市藪田南5-14-53)
チケット料金 入場無料(FaxまたはE-mailにて、氏名・人数。電話番号・Fax番号・E-mailアドレスを記入の上、お申し込みください。)
申込窓口 岐阜県文化振興室 Fax:058-275-4870 E-mail
お問合せ 岐阜県文化振興室 Tel:058-272-1111(内線2453)
(財)岐阜県県民ふれあい会館 Tel:058-277-1110
ジャパンファウンデーション舞台芸術課 Tel:03-5369-6063
主催 ジャパンファウンデーション
協力 岐阜県、(財)岐阜県県民ふれあい会館
京都公演
日時 3月23日(木曜日) 18時開場、18時30分開演
会場 京都市北文化会館 アクセス
(京都市北区小山北上総町49-2 キタオオジタウン内)
チケット料金 (全席自由、消費税込)
前売/一般1,500円 学生1,000円
当日/一般2,000円 学生1,500円
チケット販売 2月7日(火曜日)より下記にて発売。
京都市北文化会館 Tel:075-493-0567
京都新聞文化センター Tel:075-256-0007
チケットぴあ Tel:0570-02-9999 (Pコード:222-390)
お問合せ ジャパンファウンデーション 京都支部 Tel:075-211-1312
主催 ジャパンファウンデーション
後援 京都新聞社
大阪公演
日時 3月26日(日曜日) 14時30分開場、15時開演
会場 河内長野市立文化会館
ラブリーホール・小ホール アクセス
(河内長野市西代町12-46)
チケット料金 (全席指定、消費税込)
前売2,000円 当日2,500円 Lカード会員1,800円
チケット発売日 一般2月5日(日曜日)、Lカード会員2月1日(水曜日)
チケット販売 ラブリーホール・サービスカウンター
Tel:0721-56-9633(チケット予約専用テレフォン)
ローソンチケット Tel:0570-084-005 (Lコード:55879)
お問合せ ラブリーホール Tel:0721-56-6100
ローソンチケット Tel:0570-000-777
主催 ジャパンファウンデーション、ラブリーホール
後援 河内長野市国際交流協会

セミナー「アラブの文化と音楽」

チュニジアの歌手ロトフィ・ブシュナークによるコンサートに先立ち、NHKテレビ 「アラビア語講座」の講師である師岡カリーマ・エルサムニー氏が、アラブの文化と 音楽について分かりやすくご紹介します。

日時
3月26日(日曜日)13時-14時
会場
河内長野市立文化会館ラブリーホール 2階会議室 アクセス
師岡カリーマ・エルサムニー

【講師プロフィール】
師岡カリーマ・エルサムニー(アナウンサー・文筆家)
1970年生。エジプト人の父と日本人の母の間に東京で生まれ、エジプトで育つ。カイロ大学政治経済学部卒業後、ロンドン大学で音楽学士を取得。
現在、NHKラジオ日本・アラビア語放送アナウンサー、獨協大学非常勤講師。2006年4月より慶応義塾大学文学部非常勤講師。2004年9月よりNHKテレビ・アラビア語講座に講師として出演。
著書に『恋するアラブ人』、 『アラビア語のかたち』(ともに白水社)などがあり、アラブ文学の紹介に務めるほか、ニューズウィーク日本版のコラムニストも務める。

ページトップへ戻る