「ブータンを知ろう!」ブータン国立博物館館長プンツォック・タシ氏とのトークセッション

ブータンを知ろう!

風景写真

ジャパンファウンデーションでは、世界各地から代表的な文化人を招いて、日本の人々と社会に触れる機会を提供し、顔の見える交流の促進に努めています。

2006年7月11日より25日まで、平成18(2006)年度文化人招へい事業として、ブータン国立博物館の館長を務めるプンツォク・タシ氏(Mr.Khenpo PHUNTSOK TASHI)を招待中です。

プンツォク・タシ氏は仏教哲学、サンスクリット語、チベット文学を専門としており、また詩歌、哲学、物理、環境、占星術、歴史等にも幅広く通じた碩学です。

ブータンは人口70万程度のヒマラヤ山麓の小国ですが、グローバリゼーションが進行する中、国民総幸福(GNH, Gross National Happiness)という概念を導入し、単なる開発ではなく、すべての国民の「幸せ」を増加させることを国家の使命とするなど、新しいあり方を模索しています。

この度、プンツォク・タシ氏の来日を機にトークセッションを企画しました。近年日本でもスローライフ、LOHAS(Lifestyle of Health and Sustainability)などの新しい生活スタイルが提唱されていますが、ブータンの先進的な試みから私たちが学ぶことがたくさんありそうです。
是非、お運び下さい。

日時:2006年7月24日(月) 18:30開場 19:00開始
会場:国際交流基金(ジャパンファウンデーション
JFICコモンズ(アーク森ビル20F)

*入場は無料ですが、事前のお申し込みが必要です。
(申し込み期限:7月19日(水)正午。先着順。)
*講演、質疑応答は英語です。(通訳なし)
*終了後、簡単な懇親会を予定しています。

プンツォク・タシ氏 プロフィール

プンツォク・タシ氏の写真

86年 サンスクリット大学学士(サンスクリット語、チベット文学、中観派仏教哲学)
89年 サルナート大学修士課程修了(仏教哲学)
91年~ ブータン国立図書館研究員
99年~ ブータン国立博物館研究員
02年~ ブータン国立博物館館長

■主な業績
1990年以降ヨーロッパ、米国、東アジアで仏教に関する客員講演、また国内ではパロ教員養成学校でメディテーション講座を受け持つ。言語・文化研究所の学術評議員メンバー、教育局及びゾンカ語開発局書評委員を務める。

■主な著作
『ブータンの13の芸術と工芸品』(03年)、『詩歌の目』(02年)、『幸福の起源(仏教の観点からみた)』(01年)、カタログ『無形文化と仏教』(01年)等。

申し込み・問い合わせ先

文化事業部 文化企画課
担当:内田E-mail / 木村 E-mail
TEL:03-5369-6059/FAX:03-5369-603

ページトップへ戻る