豪州美術評論家/ジョン・マクドナルド氏のトークセッション

豪州美術評論家/ジョン・マクドナルド氏のトークセッションの画像

日豪交流年記念事業

日豪交流年記念事業

日時:2006年9月4日(月) 開場/18:30 開始/19:00
会場:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)JFICコモンズ(アーク森ビル20F)

  • *入場は無料ですが、事前のお申し込みが必要です。
    申し込み期限は8月30日(水)17時30分まで。先着順とさせて頂きます。
  • *モデレーターとして東京オペラシティアートギャラリーのキュレーター飯田志保子氏をお招きします。飯田氏は日本の現代美術を豪州に向けて発信するジャパンファウンデーション企画の美術プロジェクト"Rapt!-20 contemporary artists from Japan"のキュレーションを行なっています。
  • *日英の逐語通訳が付きます。
  • *終了後、簡単な懇親会を予定しています。

■お申し込み■
文化事業部 文化企画課
担当:内田E-mail/木村E-mail TEL:03-5369-6059 FAX:03-5369-6036

協力:アーツ イニシアティヴ トウキョウ[AIT/エイト]

ジャパンファウンデーションでは、世界各地から代表的な文化人を招いて、日本の人々と社会に触れる機会を提供し、顔の見える交流の促進に努めています。
(日本紹介のための文化人招へい事業)

このたび2006年8月22日より9月5日まで豪州の代表紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」のシニア・アート・クリティックを務めるジョン・マクドナルド氏(Mr. John McDonald)を招待しますところ、この機会にトークセッションを企画しました。

豪州は多くの移民から成る多文化社会を形成していますが、豪州の現代美術家たちの多くも自ら選んで豪州に移住したもの、または両親・祖父母らが豪州に移住したものなど、豪州以外の多くの民族的、文化的背景を持っています。日本出身のアーティストも少なからずいます。
彼らが、自らの出自、または豪州人としてのアイデンティティをどのように位置付け、そしてそれらを作品のなかでどのように表現しているのか、マクドナルド氏が作品をスライドで紹介しながら、解説していきます。
また、トークの後は、質疑・応答の時間も用意しております。
みなさま、ふるってご参加ください。

ジョン・マクドナルド氏(Mr. John McDonald)プロフィール

ジョン・マクドナルド氏の写真

1980年
シドニー大学文学部卒業(英文学・哲学学士)
1983~89年
Sydney Morning Herald紙シニア・アート・クリティック
1994~98年
同上
1999~2001年
National Gallery of Australiaオーストラリア美術部門長
2002~2004年
Australian Financial Review紙シニア・アート・クリティック
2003~2005年
Newcontemporaries Galleryディレクター
2002年~現在
National Art School美術史講師
2004年~現在
Sydney Morning Herald紙シニア・アート・クリティック
2005年~現在
The Diplomat紙フィルム・クリティック

<新聞コラム>
オーストラリア国内: Sydney Morning Herald紙、The Age紙、Australian Financial Review紙 等
海外: Sunday Telegraph紙、The Guardian紙(英国)

<雑誌コラム>
オーストラリア国内: Australian Art ReviewEast-West ArtsThe Diplomat
海外: The Art NewspaperTimes Literary Supplement

<著作>
Jeffrey Smart: Paintings of the 70s and 80s (Craftsman House 1990)
Ari Purhonen (Freeman Editions 1992)
David Strachan (Beagle Press 1993) 他

<キュレーション>
National Gallery of Australia, “Federation: Australian Art & Society 1901-2001”展 (2000年)
Manly Art Gallery & Museum, “Nigel Thomson: Critical Realist”展 (2004年)
New Contemporaries Gallery, “Newcontemporaries: Emerging Art in Australia”展 (2002年) 他

ページトップへ戻る