現代舞踊ブラジル公演(加藤みや子ダンススペース)

現代舞踊ブラジル公演(加藤みや子ダンススペース)の画像

ロゴ画像 日本ブラジル交流年(日伯交流年)事業

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、「2008年日伯交流年(日本人ブラジル移住100周年)」認定事業として、舞踊家・加藤みや子氏、及び同氏の主宰するカンパニー「加藤みや子ダンススペース」を派遣し、ブラジル国内5都市の巡回公演を実施します。
笠井叡・伊藤キム・加藤みや子による作品『SAND TOPOS』、加藤みや子ソロ作品『NIKKI』といった日本人ダンサーによる公演に加え、ブラジル人ダンサーとの共同制作による新作『笑う土』を上演。特に、新作『笑う土』については、2007年5月の岩手県岩泉町安家・盛岡市でのワークショップを出発点に創作を開始し、11月東京にて日本版を初演、その後、ブラジルでのダンサー選出・ワークショップを経て、この度ようやくブラジル版を完成させる長期的プロジェクトです。
ブラジルにおける幅広い層の人々の対日理解の促進と日伯の友好関係に資することが期待されます。

公演日程: 2008年8月9日 土曜日 から 8月27日 水曜日
サンパウロ: 8月9日 土曜日、10日 日曜日、12日 火曜日、13日 水曜日
会場:SESC(ブラジル商業連盟社会サービス)ピニェイロス劇場
マナウス: 8月16日 土曜日
会場:アマゾナス劇場
ブラジリア: 8月19日 火曜日、20日 水曜日
会場:FUNARTE(国立芸術ファウンデーション)劇場
クリチバ: 8月24日 日曜日
会場:グアイラ劇場
リオデジャネイロ: 8月27日 水曜日
会場:カイシャ劇場
ワークショップ等日程
サンパウロ: 8月 9日 土曜日
会場:サンパウロ大学
加藤訓子(パーカッショニスト、『笑う土』音楽担当)によるパフォーマンス 8月 29日 金曜日
会場:サンパウロ日本人学校
加藤みや子及びダンススペース所属ダンサーによる「声と体とダンス」をテーマとしたワークショップ

上演作品

『LAUGHING SOIL(笑う土)』
LAUGHING SOIL(笑う土)』
撮影:阿波根 治 AWANE OSAMUStaff tes

『NIKKI』
NIKKI
撮影:阿波根 治 AWANE OSAMUStaff tes

『SAND TOPOS』
SAND TOPOS
撮影: 阿波根 治 AWANE OSAMUStaff tes

プロフィール

加藤みや子(かとう みやこ)

加藤みや子

舞踊家。加藤みや子ダンススペース主宰。
幼少より森嘉子、藤井公・利子に師事。文化庁派遣研修より帰国後、加藤みや子ダンススペース設立。またアネックス仙川ファクトリーを拠点として五感開発ワークショップ、またパフォーマンスフェスティバルHOT HEAD WORKSを始動。現プロジェクトの総合ディレクター。米フェスティバル、ニューヨーク公演、仏フェスティバル、バニョレ国際振付コンクール本選等参加。東京新聞全国コンクール第1位文部大臣賞、創作舞踊大賞、舞踊批評家協会賞、江口隆哉賞、ニムラ舞踊賞等受賞。日本大学芸術学部非常勤講師。

主催・共催・後援
主催: 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
共催: ブラジル商業連盟社会サービス(SESC
後援: 在ブラジル日本大使館在マナウス日本総領事館、在クリチバ日本総領事館、在リオデジャネイロ日本総領事館在サンパウロ日本総領事館アマゾナス州文化局、フナルテ・プリニオ・マルコス劇場、パラナ州文化局グアイラ劇場文化センター、カイシャ・クルトゥラル・ネルソン・ロドリゲス劇場

お問い合わせ先:
国際交流基金 芸術交流部舞台芸術課 (担当)大島 幸
Tel. 03-5369-6063 Fax. 03-5369-6038 E-mail

ページトップへ戻る